ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本にもまともな「就職予備校」が必要 大学がその教育の一翼を担ってもいいはずだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

労働集約型の製造業からITなどの「知識集約産業」への転換を図る中国で、大卒者を即戦力に鍛える「就職予備校」が人気だそうです。大卒後にIT技術を短期集中的に仕込む職業専門学校のようです。

大学を出ただけでは一流企業への就職が厳しい状況を見る限り、中国でも大学の存在価値が問われているのでしょう。日本も「大卒者(特に文系)にスキルは求めない」「会社に素直に染まってもらうだけ」という時代は終わるのかもしれません。(文:河合浩司)
入社後は役に立たない「就職対策校」しかない現状

確かに日本にも「就職予備校」と呼ばれるところはあります。ただし教える内容は面接対策や書類選考対策、自己分析方法といった、就職活動を切り抜けるための対策です。

また日本には「公務員予備校」もありますが、こちらも公務員試験に合格するための対策を教えるところです。就職予備校と同様、入社前にしか役に立たないことを教えているので、学んだ内容は就職後に無用の長物となります。

これに対して中国の就職予備校は、入社後に即戦力となるスキルを仕込むのですから、役割が全く違います。実力をつけて会社にスキルで貢献できる人材になるから、結果的に就職できるようになるのです。

この当り前過ぎるロジックは、不思議なことに日本の就職対策ではほとんど注目されません。おそらく日本企業は余計なスキルを持たない大学生(特に文系)に、まっさらな状態で会社に染まってもらいたがっているのでしょう。

これはいわゆる「メンバーシップ型雇用」というもので、入社時には素直さくらいしか求めませんが、仲間に入った途端、会社の指示には何でも従わなければならなくなります。

一方、欧米では、高等教育を受けてきた人はその専門スキルを仕事で活かす「ジョブ型雇用」として就職します。スキルと関係する仕事が振られ、キャリアに応じて転職します。これは中国人でも同じ感覚のようで、日本企業でも「なぜ大卒の私がこの仕事?」と言われて苦労することがあるようです。
外国語大学や芸術系大学は「即戦力」を輩出できる

日本にも「専門学校」というスキルを集中的に身に付ける教育機関がありますが、もっと評価されてもいいのかもしれませんね。大学の中にも偏差値は高くないけれども、在学中に学生にスキルをつけさせて、密かに高い就職率を誇る大学もあります。

例えば外国語大学などが典型なのですが、最近紹介してもらったある芸術系大学では、こんな教育をしていました。入試の偏差値はちょうど50あたり。デザインを中心に学べるカリキュラムを有しており、印刷物やウェブ、プロダクトのデザイナーを輩出しています。個人事業主として独立している方も少なくないようです。

卒業生に話を聞くと、この大学では課題の提出が多いだけでなく、在学中から企業のインターンシップへの参加も非常に盛んなのだとか。やる気のある学生は卒業生に自分から連絡を取り、早くから下積みを経験させてもらうことも多々あるそうです。

こういう人たちは、経団連の就活解禁時期を待たずとも、だいたい就職先が見えているし、入社後も即戦力として活躍できるのだそうです。これは私が想定している「就活のよい長期化」の姿のひとつといえます。
「大学の学び」と「就職後も使える力」の両方を鍛える教育を

こういう教育を受けていると、学生はアルバイトをする時間もとれないくらいに忙しくなります。この大学から弊社の内定者研修に参加してくれた学生は、目の下にクマを作っていたほど。4年生は単位を取り終えて「あとは遊ぶだけ」というのが一般的ですが、この大学では寝る間も惜しまざるをえないほどハードに鍛えられているのです。

このような環境は、「大学の学び」と「就職後も使える力」の両方が鍛えられる理想的なものといえるのではないでしょうか。就職するためだけの一時的な対策ではなく、入社後も使える技術を身に付けることで、結果的に就職できる人材を育成する機関こそが「就職予備校」として必要とされることでしょう。

あわせてよみたい:2017年卒の選考6月解禁「順守しない」73% 「内定出し」開始は4月と5月で半数超え
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP