体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【異常価格】ロンドンの『Primark(プライマーク)』でメンズ買ってきた!

スクリーンショット 2015-11-26 23.17.44-s

ラーメン1杯が2000円を超えるような物価を誇るロンドンですが、ことファッションに関しては少し事情が違ってきているようです。

『Primark』(プライマーク)というファストファッションブランドをご存知でしょうか? アイルランド発祥のプチプラブランドで、イギリスを中心に欧米で300店舗近くまで発展している、今欧州でもっとも勢いのあるブランドの一つです。

その特徴は何と言っても価格!とにかく全ての商品が非常に安く、あらゆる商品が他のファストファッションと比較しても安く感じてしまう程。その圧倒的激安度により未上陸の日本でもジワジワ知名度が上がってきているようなので、今回は特に「メンズ」に注目してお店の調査を行ってきました。

ロンドン目抜き通りにある旗艦店は広い!

IMG_8330-s

オックスフォード・ストリートはヨーロッパで最も人通りの多いストリートと言われており、昼夜問わず人の波が途絶える事はありません。年末商戦も近づいており、街はクリスマス一色です。夜になるとド派手でゴージャスなイルミネーションがとにかく綺麗!

IMG_8336-s

そんなオックスフォード・ストリートには2つのプライマークがあります。今回は東にある方のプライマークへ行ってきました。ヴィクトリア調の大きな建物がまるごとプライマークです。
ちなみにこのオックスフォード・ストリートには無印良品やユニクロなどの定番店もあるので、立ち寄った際にはついでに比較してみるのも良いかもしれません。

IMG_8337-s IMG_8338-s

そしてこちらがフロアガイドになります。はっきり言って、地上階~3階までの3フロアはほぼ全て女性向け商品で占められており、メンズ商品は地下でキッズ商品と一緒にひっそりと陳列されている感じでした。と言っても、かなりの商品が置いてあるのでこのお店で全てを揃えることが出来ます。

それにしても、女性向け商品の陳列数が半端ではなく、特に小物類が異常に充実しているのでプライマークは特に女性向け商品に力を入れているんだなあ、とヒシヒシと感じた次第でした。

IMG_8344-s

さて、地下のメンズフロアですがこのように至ってシンプルな感じです。無駄に凝った作りはなく、あくまでもわかりやすく商品を陳列しているような感じです。

IMG_8341-s
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。