ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アブナイ夜会』木下ほうか、ドン底時代を語る!「いよいよ俺はポンコツだ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 26日に放送されたTBS系『櫻井有吉アブナイ夜会』に、“嫌味な役”を多く演じることで著名な俳優の木下ほうかが出演。長い下積み生活の苦労を語り、反響を呼んでいる。

 木下は16歳の時、映画『ガキ帝国』でデビュー。その後吉本興業に入社し、新喜劇に出演していたという異色の経歴を持つ。
 その後役者を目指し上京するも、ドン底の生活に突入してしまったというのだ。

 
 当時のことを聞かれると、木下は「あまり思い出したくないですね、というか本業では全く食えないですから。来る日も来る日も肉体労働、バイトしてましたし」と辛い思い出を語った。
 しかしこの時期、木下は水道配管等のバイトに明け暮れながらも、映画関係者の飲み会に潜入し、名刺を配ったりと地道な営業は欠かさなかったという。
 
 27歳の時、夢を諦めサラリーマンになろうと就職試験を受けるが、失敗。
 「いよいよ俺はポンコツだ」と落ち込むものの、「じゃあ、役者やるか」と逆に覚悟が決まったと語った。

 その後32歳の時、井筒和幸監督の映画『岸和田少年愚連隊』に出演。
 これがドン底脱出の切っ掛けとなり、やっと役者の仕事のみで生活出来るようになったという。

 コーナーの最後には恩人の井筒監督も登場し、木下と仲の良いやりとりを見せた。
 35年にも渡る長く辛い下積みの経験が、木下の演技の基礎を作り上げたようだ。
 
 これに対してネット上では「木下ほうかの話聞いてて自分の人生も分かんないなって やっぱり今は辛抱の時だな~」「え!!まって!!木下ほうかって岸和田少年愚連隊のあの人だったの!?!?にこにこバイバイ!?!?」などの声が寄せられている。

■関連リンク
有吉、福士蒼汰に壁ドンされて骨抜きに
TOKIO城島、最高のメンマ完成か?
“埼玉県ディスりすぎマンガ”に反響

Scoopie News
カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP