ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【デカ盛り】カレー炒飯特盛を食す! @『天華』(テンカ)相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

カレーと言えば色々なパターンがあります。例えば普通にカレーライス、ナンで食べる本格的なインドカレー、スープカレーやカレーピラフにドライカレーなど多彩です。

その中でも筆者の好きな炒飯とカレーを合わせた”カレー炒飯”を今回は紹介してみましょう。

中華料理『天華』(テンカ)

あまり”デカ盛りメニュー”のない相模原市ですが、何気にこの『天華』の炒飯は、その筋の人達に人気です。

最近は”大盛”までの店が多いのですが、この『天華』には炒飯の”特盛”があるのです。

ちょっと微妙な場所にあるので、まだまだ有名な店とは言えませんが、この『天華』の特盛には秘められたポテンシャルを感じました。

また微妙な場所にあるものの、替わりに駐車場は広いので車で訪れる人には便利ですね。

メニューが豊富な『天華』

パラパラっとメニューを見た感じ、この『天華』はなかなかメニューが豊富なようです。

しかも『福建炒飯』(あんかけ)など、かなり炒飯方面も充実している模様……。

これは期待出来ますね。

『カレー炒飯特盛』を所望する!

『天華』のカレー炒飯は730円で、特盛にすると1030円となります。

また、今回はオーソドックスな炒飯ではなく、あえてカレー炒飯と言う変化球を投げたのは、ただ単に最近のマイブームがカレーだからで御座います。

まあ、常識的な範囲内のデカ盛りならば、それなりに完食出来る自信はあるのですが、もしもの場合に備えて今回は餃子などのサイドメニューはなしにしてみました。

結果、こんな感じの『カレー炒飯特盛』が運ばれて来ました。

山盛りカレー炒飯に全俺が泣いた!

久しぶりの”デカ盛りメニュー”と言うのもありますが、やはり山になってる炒飯は絵になりますね。

皿が大きいので、イマイチ”デカ盛り感”が伝わりませんが、隣のビールグラスと比較すると分かりやすいと思います。

『カレー炒飯特盛』旨し!!

そして!

ボリュームだけではなく、その味にも感動した筆者です。

いわゆる”パラパラ系”の炒飯で、カレーパウダーもムラなく全て均一に混ぜられています。

この炒飯を作る技術力には、ちょっと感心してしまいました。

ナルトも入っている模様

カレー炒飯と言うと、ちょっと邪道な気もしますが、ちゃんと炒飯において大事なアイテム

「ナルト」

が入っている辺り、炒飯へのリスペクトが感じられます。

若干、特盛のせいか具材が少ないように見えますが、カレーの色に同化して見にくいのですが”卵”は結構入っています。

炒飯の友、中華スープも美味しい『天華』

炒飯にとってかかせないスープも美味しいですね。

スープとしてはちょっと塩分控えめな感じですが、このくらいが筆者の好みです。

御飯に味噌汁、炒飯には中華スープが欠かせません。

さすが特盛!米が全然減らない罠

結構食べたのですが、まだまだ米は大量に残っています。しかし、カレー風味が強いので意外と味的に飽きる事はありません。

半分食べた感じだと、この『天華』のカレー炒飯は通常の2倍以上のボリュームがありそうでした。

とは言え、それなりにデカ盛りを食べて来た筆者にとっては余裕で御座います。ご馳走様でした!

食後のサービスコーヒーに癒される

そしてお腹一杯に『カレー炒飯特盛』を堪能した後で、サービスのアイスコーヒーを頂きます。

このちょっとした気配りが嬉しいですね。

『カレー炒飯特盛』 総評

カレー味の炒飯と言う、確実に美味しい味を組み合わせたカレー炒飯ですが、やはり間違いない美味しさですね。

若干、具が寂しい気はしましたが、何よりも”米の美味しさ”を味わえたので、炒飯として良かったです。

ここまできっちり炒める炒飯には、なかなか出会えないので、次回は普通の炒飯も食べてみようと思いました。

このボリュームでコーヒーが付いて1030円なら、コストパフォーマンスも優れていると言えるでしょう。

それでは、是非みなさんも『天華』の美味しい炒飯を食べてみて下さい。本格的なパラパラ炒飯がリーズナブルに味わえますよ。

『天華』(テンカ)

神奈川県相模原市緑区原宿4-2-6

営業時間 11:00~14:30 17:30~20:30
定休日:火曜日、及び一週間おきに月曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP