体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【デカ盛り】カレー炒飯特盛を食す! @『天華』(テンカ)相模原

tenka-5_R

カレーと言えば色々なパターンがあります。例えば普通にカレーライス、ナンで食べる本格的なインドカレー、スープカレーやカレーピラフにドライカレーなど多彩です。

その中でも筆者の好きな炒飯とカレーを合わせた”カレー炒飯”を今回は紹介してみましょう。

中華料理『天華』(テンカ)

tenka-4_R

あまり”デカ盛りメニュー”のない相模原市ですが、何気にこの『天華』の炒飯は、その筋の人達に人気です。

最近は”大盛”までの店が多いのですが、この『天華』には炒飯の”特盛”があるのです。

ちょっと微妙な場所にあるので、まだまだ有名な店とは言えませんが、この『天華』の特盛には秘められたポテンシャルを感じました。

また微妙な場所にあるものの、替わりに駐車場は広いので車で訪れる人には便利ですね。

メニューが豊富な『天華』

tenka-1_R

パラパラっとメニューを見た感じ、この『天華』はなかなかメニューが豊富なようです。

しかも『福建炒飯』(あんかけ)など、かなり炒飯方面も充実している模様……。

これは期待出来ますね。

『カレー炒飯特盛』を所望する!

tenka-6_R

『天華』のカレー炒飯は730円で、特盛にすると1030円となります。

また、今回はオーソドックスな炒飯ではなく、あえてカレー炒飯と言う変化球を投げたのは、ただ単に最近のマイブームがカレーだからで御座います。

まあ、常識的な範囲内のデカ盛りならば、それなりに完食出来る自信はあるのですが、もしもの場合に備えて今回は餃子などのサイドメニューはなしにしてみました。

tenka-7_R

結果、こんな感じの『カレー炒飯特盛』が運ばれて来ました。

山盛りカレー炒飯に全俺が泣いた!

tenka-14_R

久しぶりの”デカ盛りメニュー”と言うのもありますが、やはり山になってる炒飯は絵になりますね。

皿が大きいので、イマイチ”デカ盛り感”が伝わりませんが、隣のビールグラスと比較すると分かりやすいと思います。

『カレー炒飯特盛』旨し!!

tenka-9_R

そして!

ボリュームだけではなく、その味にも感動した筆者です。

いわゆる”パラパラ系”の炒飯で、カレーパウダーもムラなく全て均一に混ぜられています。

tenka-11_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会