体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トランシーバーのような感覚で会話ができるSNSアプリ「キャストルーム」がAndroidに対応

キャストルームが iOS 向けに先行配信していた最大 5 秒間の音声ファイルでコミュニケーションを取る SNS アプリ「キャストルーム」の Android 版を Google Play ストアにリリースしました。キャストルームは、作成された “部屋” 内で不特定多数のユーザーと最大 5 秒の音声をやりとりします。たとえ同じ部屋に 100 人がいても、会話することが可能です。会話は Pjs to Talk型を採用しており、まるで、トランシーバーで交信しているような感覚で会話することになります。アプリの “部屋” は、ユーザーが自由に作成できる「雑談フロア」と、全国のテレビ局に対応し、番組の実況を楽しむ「実況フロア」に分かれています。スポーツ中継の実況で他のユーザーと盛り上がったりできるわけです。また、アプリにはパスワード付の “部屋” を作成することもできるので、友達や家族だけで会話することも可能となっています。アプリのインストールやサービスの利用は無料ですが、広告が表示されます。「キャストルーム」(Google Play ストア)

■関連記事
スターウォーズの公式アプリにAndroid Wear用のウォッチフェイスが追加
米国のAmazonで「ZenWatch 2 ローズゴールド」が値下げ中
2015年上半期の国内スマートフォン出荷台数は出荷は1,305万台、前年同期よりも14.1%増加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。