ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy A5(2016)のUAProfを公開、HDディスプレイや1.5GHz CPUを搭載か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は、Galaxy A5 の第二世代モデルとみられる「SM-A510M」の UA Prof(User Agent Profile)を同社の公式サイトで公開しました。Galaxy A5 はアルミフレームの薄型ボディを採用したミッドレンジクラスの Android スマートフォンで、SM-A510M はその後継になります。UA Prof からは、1,280 x 720 ピクセルのディスプレイ、1.5GHz 駆動の CPU、Android 4.4(??)といった情報が記されていますが、OS バージョンはおそらく違うでしょう。GFX Bench の情報によると、SM-A510M は 5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、Exynos 7 Octa 1.6GHz オクタコアプロセッサ、1.8GB RAM、11GB ROM、背面に 1,200 万画素カメラ、前面に 470 万画素カメラを搭載していると記されており、今回の UA Prof の情報とはかなり食い違っています。Source : Samsung

■関連記事
曲名検索アプリ「TrackID」が4.3.B.2.2にアップデート、デザインが一部刷新
グリーンハウス、イヤホンなどのケーブル類を自動的に巻き取るケーブルホルダー「GH-CH」を発売
Lenovo YOGA Tab 3シリーズが国内で本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP