ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、機能的な指紋リーダーを備えた5.5インチスマートフォン「Mate S」を12月4日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei Japan は 11 月 26 日、グローバル展開された Mate シリーズの最新モデル「Huawei Mate S」を国内で 12 月 4 日に発売すると発表しました。Mate S の価格は 86,184 円で、V モールのほか、MVNO 各社からも発売されます。Mate S は、フルメタル仕様で厚さ 7.2mm のスリムなボディに、ゴリラガラス 4 を 2.5D 仕様にした 5.5 インチディスプレイや Kirin 935 オクタコアプロセッサなどを搭載したハイスペックモデルです。Mate S には Force Touch 機能を備えた 128GB モデルが存在しますが、国内で発売されるのは 3GB RAM + 32GB ROM の非 Force Touch モデルになります。Mate S では背面の指紋リーダーが新バージョンの「Fingerprint Sense 2.0」に刷新され、認識精度や応答速度が向上したほか、スワイプ操作で通知を展開したり、写真ギャラリーをスクロールしたり、シャッターを切れたりと、ロック解除以外の機能も備えています。また、Huawei P8 で導入された側面のグリップタッチでスクリーンショットなどを撮影できる「Knuckle Sense」は動画の撮影にも対応しました。Mate S の基本スペックは、5.5 インチ 1,980 × 1,080 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Hisilicon Kirin 935 オクタコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、背面に 1,300 万画素(光学手ブレ、デュアル LED フラッシュ)、前面に 800 万画素カメラ、2,700mAh バッテリーを搭載。筐体サイズは 149.8 x 75.3 x 7.2mm、質量は 156g です。カラバリはチタニウムブラック、ミスティックシャンパン、ローズゴールドの 3 色で、パッケージには革製のフリップカバーやメタル素材を使用したヘッドセットが同梱します。Source : Huawei Japan(スペック

■関連記事
Cygames、横画面のフリックアクションゲーム「ボク本当は勇者なのにっ!!」をリリース
スペック、カラフルでコンパクトな自撮りスティック「Pocket FUN-TA-STICK」を発売
Sony Mobile、Android 6.0版「Concept for Xperia」を2157ビルドにアップデート、自動機度設定を最適化、Eメールアプリを刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP