ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG、プレミアムモデルのデザインを採用した3Gスマートフォン「LG Ray」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG は 11 月 25 日、アジアや南米、アフリカといったまだまだ 3G が主流のマーケットに向けて新型スマートフォン「LG Ray」を発表しました。LG Ray は 5.5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの IPS 液晶や MediaTek 1.4GHz オクタコアプロセッサなどを搭載した大画面モデルで、Android 5.1.1(Lollipop)を搭載して発売されます。LG Ray は低価格モデルながらも、LG G4 のようなデザインを採用しており、外観はまるでプレミアムモデルのようです。また、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラを搭載するなどカメラのスペックも重視しています。このほか、1GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット、3,000mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM / WCDMA に対応しています。筐体サイズは 155 x 76.4 x 9.3mm / 158g。カラバリは、シルバー、ゴールド、チタンブラックの 3 色です。Source : LG

■関連記事
米国の腕時計ブランド FossilがAndroid Wearスマートウォッチ「Q Founder」を発売開始、価格は$275
Samsung、Galaxy Tab Eの8インチモデル「Galaxy Tab E 8.0」を米国で発売
メガハウス、Google Play対応の子ども向けAndroidタブレット「tap me pot」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。