ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動画配信サービス「dTV」、今冬にもAndroid TVに対応へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エイベックスは、ドコモブランドで提供している動画配信サービス「dTV」において、年末年始にかけて 3 つの機能拡充を実施すると発表しました。3 つの機能拡充は、4K コンテンツの配信、Android TV 対応アプリのリリース、チャンネル数の増加です。このうち、4K コンテンツとチャンネル数の増加は本日行われています。4K コンテンツは Xperia Z5 Premium SO-03H や一部の 4K テレビにしか対応しておらず、コンテンツ数もごくわずかなのですが、今後順次拡大される予定です。新たに追加されたチャンネルは、「トピックス」「マンガ」「シアター」「カラオケ」の 4 つで、トータル 18 チャンネルで展開されています。Android TV への対応は今冬に実施される予定です。また、パナソニックの「ビエラ」シリーズにも同時期に対応します。

■関連記事
第二世代Galaxy A7(SM-A7100)の外観と主要スペックが判明
マネーフォワード、電子チラシサービス「Shufoo!」のチラシを閲覧できる新機能を提供
受験・試験勉強で集中したい時にスマートフォンを封印するのに役立つアイテム「スマホ封印太郎」がAmazonで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP