ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

産地直送! ご当地ローカルアイドルカタログ2011

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

町おこしのカギはゆるキャラ、ヒーロー、そしてアイドルの時代へ

いまローカルアイドルがアツイ。それまで町おこしや地域の名産品のPRなどで登場するマスコットといえば『ひこにゃん』を始めとする“ゆるキャラ”や『離島戦隊タネガシマン』のような“ローカルヒーロー”などが一般的でしたが、近年ではAKB48のブレイクを背景に日本全国でご当地アイドルグループが続々と誕生しています。
今回は地方に拠点を置きながら全国的にも名が知られている、いわゆるトップクラスのローカルアイドルたちを日本列島北から南へズラリと厳選したのでご紹介します。

~弘前から世界に発信!~青森県代表 りんご娘

青森県弘前市を拠点とし、地元青森の農産物や海の幸、特産品などを世界に発信する“農業活性化アイドル”。

その活動の歴史は2000年からと古く、ご当地アイドルの先駆け的存在。メンバーの名前はそれぞれりんごの品種から取られており現メンバーはジョナゴールド、レットゴールド、金星、ときの4名。メンバーはモーニング娘。のように随時入れ替わっており、りんご娘の妹分として“アルプスおとめ”というユニットも存在しています。

先ごろ行われた『さんまのSUPERからくりTV』のコーナー『芸能人かえうた王新人戦』では後述するNegiccoと熱戦を繰り広げ見事撃破。新人賞を獲得しました。

画像(トップ):『りんご娘official Website』より
http://ringomusic.heteml.jp

~飛ぶ鳥を落とす勢いのローカルアイドル界の女王~新潟県代表 Negicco

新潟の名産品“やわ肌ねぎ”のPRユニットとして2003年にCD『恋するねぎっ娘』でデビュー。当初はPR期間限定のユニットだったがその後も活動を継続。現在はNAO☆、Megu、Kaedeの3人組。
2008年にリリースされたCD『Summer Breeze / My Beautiful Life』におけるPerfumeライクなサウンドメイクと振り付けが一部好事家の間で話題を呼び全国区でブレイク。2010年にはホリプロなどが主催するアイドルフェス『「U.M.U AWARD 2010」~全国アイドルお取り寄せ展~』で優勝。これによりローカルアイドル界の女王と目される存在に。今年に入ると6月にタワーレコードのアイドル専門レーベル『T-Palette Records(ティパレット レコード)』第1弾アーティストになるなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進中なのです。また、アイドルと長ねぎという斬新すぎる組み合わせは初音ミクにも影響を与えたとかなんとか。

画像:『Negicco OFFICIAL WEBSITE negicco.net [ ねぎっこねっと ]』より
http://negicco.net/

~もう「Perfumeの妹分」なんて言わせない!~広島県代表 まなみのりさ

Perfumeを輩出した広島アクターズスクール出身の3人組アイドルユニット。2007年インディーズレーベルよりCD『IDOL DAMA☆C』でデビュー。
先輩であるPerfumeのフックアップもありPerfumeファンの間では活動初期からその名を知られていましたが、2009年に『FNSの日26時間テレビ』内のコーナー、『FNS27局対抗三輪車12時間耐久レースへの道』に広島県代表として出場したことで全国区デビューとなりました。

まなみです♪みのりです♪りさです♪ 3人合わせて、まなみのりさで~す☆」の挨拶はPerfumeの正統後継者であることを伺わせ、キレのあるダンスも信頼の広島アクターズスクールクオリティではありますが、サウンド面はPerfumeとは大きく異なり王道アイドルポップスといった趣です。前述のNegiccoとも古くから交流があり東京で定期的にジョイントライブを行うなどその活躍は広島県内に留まらず、いまやローカルアイドル業界を牽引する役割を担っています。

画像:『まなみのりさファン!』より
http://manaminorisa.fc.yahoo.co.jp/

~産地直送の甘酸っぱさをお届け!~愛媛県代表 ひめキュン フルーツ缶

昨年10月に初お披露目をしたばかりと活動歴は浅いながらも既にマニアの間では人気急上昇。現在最も注目すべきローカルアイドルユニットのひとつ。1期生オーディションの応募総数が176名と、非常に少人数(同じく昨年秋に活動開始したNMB48のオーディション応募総数は7256名)ながらこれだけのメンバーがそろったことは特筆すべき点です。
今年3月に『恋愛エネルギー保存の法則』でCDデビューを果たすと4月には地元新聞社発行の写真集『ひめキュン写真缶』をリリース。現在では地元ラジオ局で2本のレギュラー番組を持ち、地場企業のCMキャラクターも務めるなど早速地元メディアにも溶け込んでいる様子。
また、メンバーのまゆりは47都道府県の美少女を集めたミンティアのキャンペーンガール『ミンティアガールズ』に選ばれており、これからはメンバー個々の活躍も期待されるところです。

画像:『ひめキュン フルーツ缶』より
http://himekyun.jp/pc/

~元祖・博多のローカルアイドル~福岡県代表 HR

先日 HKT48 の設立が発表された福岡県。実は福岡のローカルアイドル事情は非常にカオスでこの手のアイドルグループは記者が把握しているだけでも6グループ存在しています。そこに HKT48 の参入が決まったことでさらに輪をかけて混とんとした状況となってきているのが現状です*。

*「緊急特集 HKT48始動でどうなる地元アイドルグループ!?」2011年05月02日『福岡ch』
http://fukuoka-ch.com/2011/05/hkt48.html

そんなアイドル戦国時代の様相を呈している福岡で他より先んじて結成されたアイドルユニットがこちらのHR。グループ名は“HAKATA REBOOT”の略で昨年夏に結成。専用の劇場を構えており当初はAKB48などのアイドル楽曲をカバーし公演を行っていました。しかし“本家”であるHKT48の参入が発表された現在ではオリジナル曲中心の構成へとシフトチェンジしています。

福岡のローカルアイドルの元祖としてHKT48を迎え撃つことができるのか、はたまた共存共栄の道をたどるのか注目が集まっています。

画像:『HRオフィシャルサイト』
http://www.hakata-r.com/

果たして地方から全国を狙える逸材は現れるのか

これまでタレントやアイデアを売り出すには多分にマスメディアの力を必要としました。しかし、インターネット文化の成熟とともにマスメディアに頼らないプロモーションも可能な時代へと変化しました。実際に“Negicco”や“まなみのりさ”はインターネットの掲示板や動画サイトをきっかけにクチコミで全国に名が知られるようになり、それから遅れて民放キー局が「いま話題のローカルアイドル特集」といった形で取り上げるといういわばプロモーションの逆流現象を引き起こしています。

人々の趣味が多様化し、CDが売れなくなりTVを見る時間も減った昨今ではかつての山口百恵や美空ひばりクラスの“国民的スター”の誕生は望めない現状です。しかし情報ソースが多元化した現在の状況はローカルアイドルたちにとっても好都合で、アイドルファンのような特定の市場をターゲットとするならば地方からの全国進出も充分可能。これからも地方だからこそ産まれる斬新なアイデアとオリジナリティを備えたローカルアイドルの誕生を心待ちにしたいと思います。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「geriochi」が執筆しました。
福岡在住ライター。投資・音楽・映画・サブカルチャーなどオモロなネタを投稿していきます。福岡ローカルニュースブログ『福岡ch』を運営中。こちらもヨロシクね!

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。