体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【忍殺?】ロンドンで東京夜市開催中!謎の和風テイストが最高に面白過ぎた!!前編【ブレラン?】

IMG_7225-s

ここロンドンでは最近、「Pop-up store」というスタイルの飲食店やショップが大いに人気を集めている。様々な業態の店が期間限定で出店し、すぐに閉めてはまた次のお店が次々と現れるという、イギリスではかなりメジャーな宣伝手法でもある。

特に人・モノ・情報の出入りがナイアガラの滝のように激しいロンドン東部、Shoreditch(ショーディッチ)地区では目抜き通りの多くの店がこの「Pop-up store」だ。もちろん、その規模も業態も多種多様。2日で終わるものもあれば3ヶ月続くものもあり、その全体像を把握するのは極めて難しい。

そして今回、筆者は地元の友人の導きによりとんでもない「Pop-up」なマーケットを発見してしまったのだ!折しも「ラーメン戦争」が勃発中とも言われるほど、日本食がブームの現在のロンドン。ということで、今回ご紹介するのはズバリ「日本の夜市風」なPop-up、その名も「ナイトテイルズ東京」!まさかここまで外国における日本像が進化していたとは、正直感動を禁じ得ないほど面白かったので写真多めでその全貌に前編・後編に分けてじっくりと迫っていきたい!

Night Tales

スクリーンショット 2015-11-21 16.11.12

Night Talesとは、ロンドンの若者文化の最北極に位置するとされるショーディッチエリアにあるフェスティバル型のPop-upだ。シーズンごとにそれぞれコンセプトが違うフェスティバル的なマーケットを期間限定で開催している、時代の最先端を行くロンドンっ子に人気の盛り場だ。今回は8週間の限定開催となっている。

流れとしては、入り口で入場料を払い、会場内にある様々な種類の出店や簡単なレストラン、バー、貸し切りスペースそして本格的なクラブサウンドを楽しめるというもの。今回の「ナイトテイルズ東京」をわかりやすく言うと、屋外型ラーメン博物館+ミニ野外フェスと言ったところ。実際、ロンドンのトップDJが集結しているということもあり、純粋に音楽だけを楽しむ事もできるぞ!
詳しくは是非公式サイトを参照してほしい!

入場料:5ポンド
営業時間:18:00~00:00
営業日:11/26,27,28,12/3,4,5,10,11,12,17,18,19
場所:288-299 Old Street,Shoreditch,London

[公式サイト] http://www.nighttales.co.uk/tokyonights

入場までの流れ

IMG_7180-s

場所となるRed Market Spaceは、オールドストリート駅とショーディッチ駅の間にあるので、どちらの駅からも徒歩10分もかからない。Old street通りを歩いていると、上のように突如として「夜の物語 東京」と書かれた明らかにロンドンでは不自然な看板を発見することができるので、まず見逃す事はないだろう。

IMG_7182-s
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。