ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AndroidとUbuntuのデュアルブート仕様でシステムボードもカスタマイズできる小型DIYデバイス「GeekBox」が発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のオンラインショップ Geekbuying が Android と Ubuntu のデュアルブート仕様となっており、別売のシステムボードを使って様々な用途の DIY キットとして利用できるギーク好みの小型 Android PC「GeekBox」を発表しました。GeekBox は、Android と Linux ディストリのひとつ Ubuntu をプリインストールしてデュアルブート仕様のメディアストリーミングデバイスです。標準で Wi-Fi a/b/b/g/n/ac(2X2 MIMO)や外部の Wi-Fi アンテナポートを搭載するほか、RK3368 Cortex-A53 オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット、4K 出力対応の HDMI ポート、ギガビットイーサネットなども搭載しています。標準モデルは Android、あるいは Ubuntu ベースのスマート TV や PC として利用できるのですが、ケースを開けて内部にシステムボードを別の物に交換できる仕組みを採用しています。別売のシステムボードには、モニタ用端子や SATA インタフェース、2.5 インチ HDD スロットなどを備えた GeekBox LandingShip や 7.9 インチ QXGA のタッチパネル付きボード、プロジェクターボード、複数の LAN ポートを備えた自宅ルータ化ボードが準備されています。これらのシステムボードを利用すると、本格的な Android PC やタッチパネル付きの小型 Android、手製の Linux ルーターを構築できるようになります。自作 PC 愛好家やサーバ好きの人には欲しい一台ですよね。GeekBox は現在、予約受付中ですが、発売時期は公開されていない模様です。Source : GeekBuying

■関連記事
Xiaomi MI4がFCCの認証を取得、米国でも発売予定?
Microsoft、Xiaomi Mi 4 ユーザーにWindows 10 Mobileのパブリックプレビュー版を今週提供
写真共有サービス「Imgur」のAndroidアプリがタブレットに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP