体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知らないと損する「Facebookページのウォール投稿・運用ノウハウ」7選!これでインプレッションを最大化!

11

皆さん、Facebookページを作ったものの 「ウォールにどんな投稿をしたらいいのか?」「Facebookページをどのように運用したらいいのか?」と困っていませんか?実は、Facebookページの運用では、成果が出やすいウォール投稿方法というのがあります。GaiaXソーシャルメディア ラボのウォールでは、投稿ごとの表示回数(以下、インプレッション数)を比較すると最大で「4倍」の違いもありました!

今回は、ウォールへの投稿内容のインプレッション数を最大化させるための7個のティップスと、押さえておくべき「Facebookの仕様」をご紹介します。『集客』でも『認知獲得』でも『成約』でも、全ての成果は露出を獲得する事から始まります。まずは『インプレッション数を最大化』し、成果の上がるFacebookページ運営をしていきましょう!
※インプレッション数は、Facebookページ運用のKPI(Key Performance Indicator/業績評価の指標)のひとつとしてとても重要ですよね!

目次

1.「ハイライト」と「最新情報」の存在
2.インプレッションに4倍の開きが出る理由とは?
3.Edge Rank(エッジランク)の仕組み
4.エッジランクで意識すべき要素と、対応方針
5.インプレッションを最大化する7個のウォール投稿ノウハウ

最初に補足しますが、Facebookページの運営で最も大事なのはファンとの関係構築です。今回のティップスは、あくまでそういったベースがあった上での+αの取り組みとして行って下さい。まずは、押さえておくべき「Facebookの仕様」についてのご説明です!
 

1.「ハイライト」と「最新情報」の存在

3

皆さんもご存じのように、ニュースフィードには「ハイライト」「最新情報」の2種類があります。

「ハイライト」に表示されるもの
71
「ハイライト」では、その表示内容が個人ごとに最適化されています。1つ1つの投稿に対して、Facebook独自のアルゴリズム(エッジランク)で優劣を付けて、自分にとって価値ある情報を優先的に表示してくれます。そのアルゴリズムは、「友達との交友関係」や、その投稿自体が「周囲の人の注目を集めているか?」といった点を見ているのですが、詳細は後述します。

「最新情報」に表示されるもの

70

一方「最新情報」では、友達の投稿やアクティビティや、自分がファンになっているFacebookページの投稿が、「時系列」で表示されます。

デフォルト表示は「ハイライト」

ここで重要なのは、ユーザーのニュースフィードはデフォルトで「ハイライト」になっている、ということです。いくら頑張ってFacebookページのウォールにポストしても、「ハイライト」に表示されなければ(つまり、Facebookに価値ある投稿と認めて貰えなければ)、表示さえしてもらえないのです。
 

2.インプレッションに4倍の開きが出る理由とは?

冒頭で、インプレッションに4倍の開きがあるとお話ししました。そのデータと、開きが出た理由をご紹介します。
 

【公開】ラボのインサイト画面で見る投稿ごとの表示回数
5

 
これは、当ラボのインサイト画面です。過去10個のウォール投稿の「メッセージ(投稿内容)」「投稿日時」「インプレッション数」「反応(率)」を並べています。こちらをご覧頂くと、インプレッションの最大値(10,638回)最小値(2,612回)の間で約4倍の開きが出ているのが分かります。
 

表示回数に差が出る要因は「エッジランク」

各投稿をポストした時のファン数は大体同じです。では、同じファン数に対して配信されるのに、なぜ表示回数に差が出るのか?

それは、

 a.「エッジランク」 (エッジランクの詳細は後述します。)
 b.「いいね!」や「コメント」された回数が少ない
  (=友達のニュースフィードに伝播した回数が少ない)」

という2つの理由があります。この2つの内でも、より大きな要因はa.「エッジランク」です。

なぜ、a.「エッジランク」のほうが大きな要因とわかるか?

理由は明確、「いいね!」や「コメント」が少なくてもインプレッション数が多い投稿があるから。例えば、こちらの投稿比較をご覧下さい。
8

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。