体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ペヤング にんにくMAXやきそば』周囲に大迷惑をかけること保証付・阿鼻叫喚の冷や汗ものクサうまグルメ!

IMG_6405

味しいのはわかっているけれど通勤電車やオフィスで周囲の迷惑になりたくないと我慢しがちなのがニンニク……なはずなのだけれど、そんな殊勝な気持ちを過激にふっとばそうとするのが、このまるか食品による暴力的なニンニク臭の『ペヤング にんにくMAXやきそば』(114gうち麺90g・希望小売価格 税抜175円・2015年11月16日発売)。まさに禁断の味保障付なデンジャラスやきそばを覚悟して食べてみた。

 

かつて『ペヤング 激辛やきそば』が本当に食べ続けるのが困難な程に激辛で、まるか食品が看板に偽りない過剰な商品展開をしているのは思い知っている。となると当然この『ペヤング にんにくMAXやきそば』もかなりのハイレベルの戦いになることは予想できた。

1

しかし、その思いのさらに上を行ったのがこの『ペヤング にんにくMAXやきそば』である。真っ黒に赤文字という危険物丸出しなパッケージとともに「まわりの人に迷惑がかかります。喫食の際は1人でお召し上がり下さい」との警告文で恐怖心を煽る。何でカップやきそばにここまでビビらなければならないのかと思わないでもないが。

IMG_6417

いや、その恐怖感はあながち間違いではない。蓋をめくってかやくとソースを取り出した時点では、香ばしい油揚げ麺の香りなのだが、かやくを入れた時点でもう臭い。

IMG_6419

内容物はフライドガーリック、キャベツ、赤唐辛子なのだが、香ばしいと言うより既に刺激臭。通常版に含まれる青のりは無し。

IMG_6423

湯入れをした時点でもう周囲に迷惑がかかる。

IMG_6429

半径3mくらいは臭いゾーン。間違ってもオフィスで食べようとする猛者はいないかもしれないが、この段階で周囲から総ツッコミが入りそうな勢いである。

IMG_6432

当然のことながら湯切りのお湯もとても臭い。シンクに染み込むんではないかと心配になるくらい。そしてもう充分臭いですという心境の中、さらにソースを投入。これはもうソースと言うよりニンニクだれ。茶色味を帯びた液体はどろりと麺の上に降り注ぎ、化学薬品並みの刺激臭を立ち上らせ始める。

IMG_6436

もう「これ、食べるの?」状態である。確かに記者はニンニク好きだが(嫌いな人はいるのか?)、フライドガーリックの香ばしさあふれるガーリック臭だけでなく、これはすりおろしニンニクの酸味さえ感じさせる刺激臭が。そこにさらに極悪なハーモニーを奏でる凶暴なニンニク臭。半径10mは強烈なはず。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会