体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Google+』への招待をゲットしたよ! さっそく使ってみたレポート

Google+

グーグルは、6月28日(現地時間)Google全体をソーシャル化するプロジェクト『Google+(グーグルプラス)』をリリースしました。現在はまだ「フィールドトライアル」中で、招待制により一部ユーザーに公開されています。ガジェット通信では編集長がいちはやく『招待』をゲット。私たちも招待してもらって、さっそくいろいろ試してみたのでレポートします!

※この記事はたくさんの画像で説明しています。すべての画像付き記事をご覧になりたい方はこちらでどうぞ


 
・招待メールが届いた

Google+ 招待からログイン

まず、メールにある「Google+ の詳細」ボタンをクリックして『Google+』参加ページへ。Googleアカウント(Gmailアドレスなど)でログインした状態なら「参加」ボタンを押すだけで参加完了します。「フィールドトライアルとして限定的に提供しています」という赤字メッセージの下に、「データ損失・公開のリスクから自分やデータを保護する責任はユーザーが負う」「サービスに関するご意見を求めることがある」などの注意書きがあります。
 
・Google+とPicasaウェブアルバムをリンク

Google+ picasaとリンク

Googleの写真共有サービス『Picasaウェブアルバム』とリンクされます。「え、Picasaは使わないからリンクしなくていいよ」というオプションはありません。「Google+とPicasaウェブをリンク」を押さないと、「Google+に参加しません」を押すしかない。Googleならではの強引なステップにはドキドキさせられますね。
 
・Google+「ホーム」

Google+ ホーム

ついに『Google+』にログイン完了! 「Google+プロジェクトは、現実の世界と同じような情報の共有をウェブ上で実現します」というメッセージのもとに、『Google+』のメイン機能「サークル」「ビデオチャットルーム」「Sparks」が表示されます。Googleは、『Gmail』などのサービスを通じて「ユーザーが誰とコンタクトしているか(ソーシャルサークル)」を把握しています。『Google+』では、今まで水面下にあった「ソーシャルサークル」を、ユーザーが編集して活用できるようになります。

Google ソーシャルコネクションの確認

Googleがどんなふうに自分のソーシャルサークルを把握しているのかは、一度確認しておくことをおすすめします。Googleで利用しているサービス一覧を表示する『ダッシュボード』の『ソーシャル コネクションとソーシャル コンテンツ』から確認できます。『ソーシャルコネクション』のページは、コネクションが多いと読み込みに時間がかかり、ブラウザがフリーズすることがあるのでご注意を。
 
・Google+ Circles(サークル)

Google+ サークル作成

『サークル』は、『Gmail』の連絡先などをもとに表示される「友だち候補」や「あなたを追加したユーザー」を、関係性ごとに「知人」「家族・親戚」「友だち」などの“サークル(グループ)”を作成して分類。グループごと情報を共有したり、グループチャットを行えます。ここで「友だち候補」として表示されるのは、『Gmail』や『Googleチャット』で連絡し合ったことのある人たちです。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。