ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10月1日時点の「内定率」が5年ぶり減少 それでも最終的には「前年並み」になる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年卒の大学生の就職内定率が、5年ぶりに減少していることが文科省と厚労省の調査で判明した。10月1日現在の内定率は66.5%で、前年同月比で1.9ポイント減少している。

この背景には「就活後ろ倒し」により、企業が内定を出す時期が遅れていることが考えられる。また複数の内定を得ながら、入社先を絞り込んでいない就活生もいると見られる。
中国・四国地方では半数未満。地方への影響大か

地域別にみると、最も内定率が高いのは関東地方で75.8%。前年同月比で1.3ポイント減にとどまる。一方で地方学生への影響は大きく、最も低い中国・四国地方では47.8%と半分に満たない。前年同月比の下げ幅も9.1ポイントと全国最大だ。

ネットには「今年の就活生だけど、いい迷惑だよ」というつぶやきも見られるが、時期の遅れはあるものの今年の就活市場は「売り手優位」という見方が主流。文科省の担当者は各紙に「最終的な内定率は前年並みになるのでは」と楽観的にコメントしている。

あわせてよみたい:内定辞退は「メール一本」で済ませちゃ失礼!
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP