ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

てんびん座には情熱的なアプローチが訪れる!?【週末の出逢い予報】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎年11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで発表されるパートナー・オブ・ザ・イヤー。
今年は馳浩・高見恭子夫妻と藤井隆・乙葉夫妻に決定されました。
両組とも「生まれ変わってもまた結婚したい」と答えているように、結婚から長い月日が経ってもそう思える関係性は憧れですよね。

最初からそんな気持ちになる相手と出逢うのは難しいかもしれませんが、お互いのことをよく知るうちに関係は変化するもの。「あの人とは合わない」と決め付けずに、長い目で相手を判断してくださいね。

それでは今週も出逢い予報をチェックしてみましょう!

 

おひつじ座

異性の友人との心の距離が、一気に縮まるタイミング。相談を持ちかけられたなら、親身になって話を聞いてあげましょう。それをきっかけに、お互いに相手へ抱いている友情が愛情に変わる可能性が大。そのときは自分の感情に従って。

 

おうし座

ルックスがよいだけの異性よりも、誠実な人やまじめなタイプに関心を抱きやすい今週末のあなた。異性を見る目がシビアになるので、自分にとって本当にふさわしい異性を見抜くことができるようになります。堅実な恋愛を心がけて。

 

ふたご座

人気運が高まる今週末は、異性から注目されそう。声をかけられたり、誘われたりしやすいので、急な合コンやデートといった展開も期待できます。普段はラフな格好をしているとしても、今週末は「上品さ」「柔らかさ」を意識して、身だしなみに気を配るようにしてください。

 

かに座

あなた本来の魅力が輝き、異性を惹きつけられる週末です。誘いには気軽に応じるなど、行動範囲をみずから広げるといいでしょう。人気運が高まっているので、出先で見初められたり、熱心に話しかけられたりするかもしれません。

 

しし座

今週末は友人を誘って、飲みや遊びに出かけてみましょう。すぐに恋には結びつかなくても、興味が持てる異性と出逢えそうです。強引になりすぎない程度に積極的な交流を心がけると、次に逢う約束もすんなり取り付けられます。

 

おとめ座

出逢い運は可もなく不可もなく…といったところ。遊び人のようなタイプに振り回される可能性があるので、積極的な行動は控えるのが賢明です。見る目が曇りやすくなっているので、状況をきちんと観察するようにしましょう。

 

てんびん座

前向きで堂々としたムードが出逢いを引き寄せます。知り合って間もない人から情熱的なアプローチを受ける…といったこともありそう。いいなと思った人に対しては、押しの一手が功を奏します。期待していた反応がなくても、めげないでください。

 

さそり座

出逢いは案外身近にありそう。昔からの知り合いに注目してみてください。やさしくしてくれたり、何かとちょっかいを出してくる人は、あなたに気のある可能性が大。今後の動向に注目していいでしょう。

 

いて座

新たな恋のチャンスが浮上の予感。仕事などで一緒になった人との間に信頼感が芽生え、関係が急接近する…といったことがあるかもしれません。自然体で接するほどいいムードになりますし、お互いの理解が深まりやすくなって、素直な気持ちで向き合えるでしょう。

 

やぎ座

意欲はあるものの、恋のチャンスには恵まれにくい週末です。ただ、そのぶん仕事や目標などにはがんばれるはず。今週末は、恋愛以外のことに関心を向けたほうが今後においてはプラスに働きます。あえて恋からは距離をおき、自分の課題や楽しみに力を注いでいきましょう。

 

みずがめ座

社会的なムードが強まる今週末は、仕事など公的な関わりから恋が発展しそうです。仕事ばかりで恋愛が疎かになりがち…と思うかもしれませんが、今週のところはむしろそれが功を奏するので、目の前の課題に全力投球していきましょう。

 

うお座

恋の主導権はあなたにありそうな運気。力強さが増すので、積極的に恋愛へと進んでいけるでしょう。アプローチやデートにも最適な週末です。いつも以上に大胆に振る舞うほど、相手の情熱を掻き立てられるはず。お誘いにはすぐ返事せず、少し待たせるといいでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

<ことだま診断>名前でみるあなたの”取扱説明書”
<心理テスト>人には言えない…♡!? アレの欲望
【血液型ランキング】火事場の馬鹿力。追い込まれてパワーを発揮するのは●型
やぎ座は受け身でOK!聞き役に徹して功を奏す【週末の出逢い予報】
みずがめ座は一度途切れた縁から新たな恋が始まる!?【週末の出逢い予報】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP