ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

aiko、新曲「プラマイ」フルMVをGYAO!にて独占公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

aikoが11月18日にリリースした34枚目のシングル「プラマイ」のミュージックビデオのフルサイズを、GYAO!にて期間限定で公開した。

前作「夢見る隙間」から約7ヵ月ぶりのリリースとなる今作は、NHK-BSプレミアムよるドラマ『仮カレ』の主題歌。「プラス」と「マイナス」の相反する言葉を掛け合わせた「プラスマイナ ス」の略で、恋愛すると、嬉しかったり、時に悲しかったり切なかったりと「プラス」と「マイナス」の両方を持ち合わせている事を表現している。カップリングには、映画『先輩と彼女』主題歌の「合図」、新曲の「4秒」を収録。普段から目と目を合わせて合図を取ることが多いという aikoならではの視点で描かれた「合図」。「たくさんいる人の中で、目を合わせてお互いが通じたな、と思える瞬間ってすごく特別だと思うんです。」と語るaiko。ライブでもお客さんと目が合った時は、その一瞬に流れる二人だけの特別な時間を大切にしているそう。3曲目に収録されている「4秒」は「だんだん空が明るくなってきて、これから夜が明けてくる、その静かなときに思ったことを書きました。」と語る通り、静かにそっと寄り添ってくれる様なシンプルで温かい一曲。今回も全収録曲のバランスが絶妙だ。初回限定仕様盤はカラートレイ仕様&ブックレット付きのため、お早目の購入を。

そして、発売日である11月18日よりGYAO!にてミュージックビデオのフルサイズが期間限定で公開となった。今作はドラマ仕立てのミュージックビデオで、女性が別れた彼への執着心からストーカーとなってしまった設定でストーリーが進行する。オフィシャルYouTubeチャンネルにてショートバージョンが公開されてから、予想を裏切るような内容で早くも話題となっている。aikoの歌唱シーンも 「プラマイ」のタイトル通り、「プラス」の世界では白く抽象的な世界で明るめなイメージの中歌うaikoの姿が映し出され、「マイナス」の世界では土砂降りの雨の中悲しげな表情のaikoが切なく歌っており、相反する世界観を表現している。この物語のラストがどうなるのか? 期間限定でフル試聴できるこの機会をお見逃しなく! さらに、Yahoo!で「aiko」を検索しても自動視聴出来るスペシャル企画も実施中。是非チェックしてみよう。

■GYAO! aiko 「プラマイ」ミュージックビデオ
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00025/v12058/v1000000000000003305/
■Yahoo!検索
http://yahoo.jp/UxhoNb

「プラマイ」MV(short version)
https://youtu.be/tyi73M55uwY

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP