ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大分で来店ポイントアプリを利用した健康促進事業「おおいた健診プロジェクト」がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

九州の大分で「国内初」と言われるスマートフォンの来店ポイントアプリを通じて住民に行動を喚起することを目的とした地域ヘルスケアサービス活性化事業が開始されました。これは、イシゲン株式会社が Android 向けに提供している来店ポイントアプリ「AIRPO」を利用した「おおいた健診プロジェクト」というサービスです。AIRPO は、ユーザーが店舗に訪れると自動的にチェックインし、店舗などからのポイントがもらえるアプリで、対象ユーザー(大分市に住む 40 歳以上の協会けんぽ加入の被扶養者で、特定健診受診者)に AIRPO を通じてポイントを付与し、ポイントが貯まるとヘルスケアサービス店に用意された特典と交換できるようになります。つまり、来店ポイントアプリを利用した健康促進事業を官民一体となって行う初の事例ということになります。なお、大分市では 12 月 4 日まで、ヘルスケアサービスを PR したい協力事業者を専用ページを通じて募集しています。「AIRPO」(Google Play ストア)Source : HAMIQ

■関連記事
ZTE、グローバルモデル「Nubia My Prague」の新色“ピンク”を発売
Galaxy S7にはキーボードカバーが用意されているらしい
OPPO、Find 7 / 7a向けにAOSP ROMとColorOSの組み合わせた新ファームウェア「Spectrum v1.0」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。