ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京で唯一のチベット料理専門店『タシデレ』で食べる豚肉のシャプタ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャプタとティンモ
750円 / 300円

実際にチベットに出向き、3週間生活した経験があるグルメ記者が「ここにはチベットの味がある」と断言する。東京で唯一のチベット料理専門店『タシデレ』では、チベット人の血を引く店主が、至高のチベット料理を作ってくれる。

・特にシャプタには定評がある
店主の家系はチベットのカイラス山付近の村で、ネパールに亡命し、現在はチベット二世として『タシデレ』を営業している。この店のシェフはチベット料理をそのまま日本で再現することができる凄腕のシェフで、特にシャプタには定評がある。

・甘味とスパイシーな辛味
豚肉のチャプタは、薄切りの豚肉を板のごとく硬く仕上げ、新鮮でパリパリなタマネギとトマトを独自のスパイスで炒めたもの。味付けは、日本で言うところの「味噌野菜炒め」に近いが、甘味とスパイシーな辛味が若干あり、チベット独自の風味が堪能できる。

・チベット独特の肉を堪能できる
まさか水分を限りなく抜いた、チベット独特の肉を堪能できるとは思わなかった。これと一緒にバター茶を飲みつつ、チベットのティンモというパンを食べる。ティンモは一口食べた瞬間に広がる酸味が素晴らしい。しかし味付けは薄く甘さを感じる程度で酸味がない。

・チベットの広大で壮大な風景が目に浮かぶ
濃い目でマイルドなチャプタを堪能しつつ、バター茶のすっきり感を楽しみながら、ティンモで腹を満たす。ただそれだけで、チベットの広大で壮大な風景が目に浮かぶようだ。

・最高のチベット料理店
『タシデレ』は、ゆっくりとお茶を楽しむのにもピッタリのレストランだ。アジア旅行が好きな人、グルメな人、午後のひと時をゆっくりと楽しみたい人、誰でも癒やされる最高のチベット料理店といえよう。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/11/18/tibetan-cuisine/

タシデレ
住所: 東京都新宿区坂町26-21
時間: 11:00~22:00
休日: 日曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13183290/

東京メインディッシュ
東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP