ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバー 待望の新作発売とともに洋楽チャート1位に返り咲き! コールドプレイ新曲が好スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 待望のニュー・アルバム『パーパス』のリリースとともに、ジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」が1位に返り咲いた今週のBillboardJAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 先週惜しくもアリアナ・グランデの「フォーカス」に首位を受け渡したものの、その座を見事に奪還し、7週目の首位をマークしたジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」。アルバム・リリースにあわせてのメディア露出、さらにプロモーション来日が発表されたことが要因となり、エアプレイ、Twitterを中心にポイントを伸ばした結果、首位に返り咲くこととなったが、一方の「ソーリー」は先週5位から2ランクダウンの7位につけている。各国で1Dとの首位争いが話題となっている『パーパス』はHot Albumsチャートにて4位初登場となり、3位に初エントリーした1Dの『メイド・イン・ザ・A.M.』には及ばない結果となった。

 TOP5圏内大きな動きがない中、ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース「シー・ユー・アゲイン」が2位へ大幅ジャンプアップ。米ビルボード・シングル・チャートを12週に渡り制し、今年公開されたミュージック・ビデオの中で最速で10億回を記録するなど、数々の記録を打ち立ててきたこの曲だが、映画『ワイルド・スピード』スピンオフ&プリクエル制作の話題とともに再びチャートを上昇。11月30日のポール・ウォーカー2周忌を目前に、さらにポイントを伸ばすことも予想される。

 8位には、先日12月4日に全世界同時リリースされることが明らかになったコールドプレイのニュー・アルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』からリード・トラック「アドヴェンチャー・オブ・ア・ライフタイム」が初登場。現状エアプレイに後押しされてのエントリーとなっているが、今後ミュージック・ビデオやライブ映像が公開されれば、さらに順位を伸ばしてくる可能性も十分だ。加えて、アルバムには、ビヨンセやノエル・ギャラガーをはじめとする豪華ゲストが多数参加していることもあり、今後それらの楽曲のエントリーも期待できるだろう。今週2曲目のTOP20初登場曲は、リトル・ミックスの「ラヴ・ミー・ライク・ユー」。11月11日に新作『ゲット・ウィアード』がリリースされたことを受けてのランクインとなった。

関連記事リンク(外部サイト)

11月23日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
Kis-My-Ft2「最後もやっぱり君」、フィジカル2部門で1位、ビルボード総合首位獲得
関ジャニ、圧倒的なセールスポイントで1位に!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP