体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意気込みは言い訳だ!~マガジンハウス担当者の今推し本『40歳からはカラダで差がつく!エリートの最強コンディショニング』

9784838727957


こんにちは。マガジンハウスです。今回おすすめしたい一冊は、自ら15kgの減量に成功し、ダイエットアカデミーを主宰。数々の企業研修や、ミス・ユニバースジャパン代表のダイエットも手掛ける上野啓樹さんの最新刊です。これが、ジム通いもお金も不要の、まさに最強のコンディショニング術。ご本人にお話を伺えたのですが、上野さんご自身もかなりの強めキャラでした!

――――初めまして! この本を読んでいる間は、膝を打ってばかりでした。私は男性でもないしエリートでもないので、最初は他人事気分で読んでたんですけど、気になるところに付箋を貼っていたら、ライオンのたてがみのように付箋だらけになってしまいました。この本に書かれている教えは、すべて上野さんの実体験からくるものですか?

上野 「そうです。よく聞かれるのが、どこかで教わったんですか、誰かに習ったんですか、ということなんですが、そういうのはないんです。とにかく理論ではなく実践、実績だと思うんですよね。たとえば、炭水化物抜きダイエットは理論としては完璧なんです。でも、じゃあ実践できるかって言ったら、僕はパスタもピザも大好きですし、ごはんも甘いものも食べる。半年とか期間があるならできるんでしょうけど、一生レベルで考えた時にできないものはやらないっていうのがスタンスです。だから、理論的には間違ってるって僕のこと言う人もいますけど、理論、机上の空論じゃないんです。学者でないですし。だからできないことはやらない」

――――だから、難しいダイエット理論と違ってわかりやすいんですね。

上野 「僕のポリシーは、健康を文化にする。ということは、誰でもできないとダメ。大人だけが理解できて、子どもには理解できないものは違うと思ってるんですね。だからこの本は、中年男性だけじゃなく、老若男女、誰にでも役に立つ内容です」

――――意識高めの人だけが実践できるとかじゃないんですね。

上野 「違います。だって僕もエリートじゃないですからね。エリート、ビジネスアスリートになるための健康法です」

――――ビジネスアスリートって、なんとなくイメージはわかるんですけど……。例えばこの本の中でも、アメリカの実業家が登壇するセミナーに参加されたら、その方が太ってて見苦しくて、こんな人の話聞けるか!って思ったというエピソードがすごく面白くて(笑)。その人は一瞬、成功者かなと思うんですけど、上野さんが考えるエリートではないですよね。

上野 「全然違うと思いますね。やっぱり、長期ですよね。10年とかじゃなく、30年40年と、まあその人が何歳までビジネスするかにもよりますが、たとえば65歳までだったらその年までちゃんと体調維持してうまくやり続けてる人が、やっぱり僕はエリートだと思います。ぽっと出の、ぱっと花火上げてるだけの人は……」

――――このくだりを読んで、でも、日本でもアメリカでも、実業家とかお金持ちの人って太ってたりするよなって思ったんですけど、それはぽっと出だからですか。

上野 「そもそも、媒体を通して知る人は、本当のお金持ちじゃないですよ。だって本当のお金持ちだったら、アピールしたら国税局や税務署から狙われるわけだからテレビなんか出ないし、SNSもやらないです。あの人達はお金が欲しいからテレビにも出て、自分を媒体にして使ってるに過ぎません。本当のお金持ちはTシャツにジーパンにG-SHOCKでしょう。キンキンギラギラ、車何台も持ってる金持ちなんて見たことない」

――――いわゆる成金というか、金時計してるような人は太ってるイメージですもんね。

上野 「そうですね。豚に真珠ってそのことですよね、まさに」

――――ひー。では、最近、上野さんが「この人はすごいな」って思った方はいますか?

上野 「そうですね、先輩から紹介された二人がいて、どちらも43歳かな? 年収何十億以上で……」

――――ねんしゅうなんじゅうおく!?

上野 「はい、年商じゃなく年収です。まあ一生困らないお金があって、仕事も人生もうまくいってる。だけど太ってて、コンディションが悪い。それが二人とも悩みで、体調を良くしたい、コンディションを上げたいと、僕のところに来られました」

――――そこまで豊かでも、体が悩みなんですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。