ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アデル強し! 「ハロー」が米ビルボード・シングル・チャート3週目のNo.1をマーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月20日にアルバム『25』をリリースするアデルの先行シングル「ハロー」が、3週目のNo.1をマークした、今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 初登場で110万ダウンロードを記録し、先週、そして今週も引き続き高セールスを記録した「ハロー」。通算200万ダウンロードを獲得し、PVの再生回数は間もなく4億回に到達、たった3週ですさまじい記録を打ち出している、アデル。今週金曜にリリースされるアルバム『25』の首位獲得は当然だが、その初動枚数に注目が集まっていて、初週200万枚突破という、歴代記録を塗り替えることも期待されている。次週も「ハロー」が4週目の首位をマークし、アルバムが初登場する2週先には、シングル・アルバムの2冠を達成することは間違いないだろう。

 先週の金曜、13日に同時リリースされた、ジャスティン・ビーバーの『パーパス』と、ワン・ダイレクションの『メイド・イン・ザ・A.M.』からは、それぞれ収録曲が3曲ずつランクインしている。『パーパス』からは、2ndシングルとしてリリースされた「ソーリー」が再び3位に上昇し、初のNo.1をマークした「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」が6位に、そして「アイル・ショウ・ユー」が27位にジャンプアップした。

 ワン・ダイレクションの『メイド・イン・ザ・A.M.』からは、この夏からロングヒットを記録している「ドラッグ・ミー・ダウン」が29位に、「パーフェクト」が40位、「ヒストリー」が65位に初登場した。週末の売上(実売)ではワン・ダイレクションがやや優勢であったが、ストリーミング・ポイントや単曲のダウンロード数をアルバムのポイントに合算すると、次週のアルバムチャートではジャスティン・ビーバーが巻き返し、首位デビューする可能性が高くなってきている。

 12月4日にリリースされる、コールドプレイの7thアルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』(全世界同時リリース)から、先行シングルとしてリリースされた「アドヴェンチャー・オブ・ア・ライフタイム」が55位にデビューした。ビヨンセやリアーナ等を手掛けるノルウェーのサウンドチーム、スターゲイトが手掛けたナンバーで、エレクトロ色の強いポップナンバーに仕上がっている。11月5日にリリースされた、オーディオビデオが500万回再生を記録しているが、公式ビデオがリリースされれば、ストリーミングポイントと、アルバムプロモーションの効果を受け、さらにランキングを伸ばすことも期待できる。

 今週、TOP10デビューを果たしたのは、エル・キングの「エックスズ・アンド・オーズ」。エイミー・ワインハウスを彷彿させる、ドスの効いたパワー・ヴォイス系のシンガーで、この曲で自身初のTOP10入りを果たした。来年のグラミー賞でも、受賞は濃厚かとささやかされいる注目のシンガーで、今週のTOP10入りを期に、一気にブレイクするかもしれない。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、18日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

11月28日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
11月28日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
Album Preview: 歴代アルバム・チャート記録更新なるか?アデル約5年ぶりの新作『25』がいよいよ11月20日世界同時リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP