体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]外でも家でも楽しめる! スミノフの新定番カクテル『スミノフレモネード』限定イベントレポート

[PR]外でも家でも楽しめる! スミノフの新定番カクテル『スミノフレモネード』限定イベントレポート

プレミアムスピリッツ販売量世界No.1(※)を誇るウオッカブランド『スミノフウオッカ』。クセのないクリアな味わいなので自分好みのカクテルを自由に作るのはもちろん、気軽なボトル直飲みスタイルの『スミノフアイス』シリーズも人気です。そんなスミノフが最近新たに提案しているのが『スミノフレモネード』という飲み方。渋谷駅から徒歩5分の場所にあるカフェ“Royal Garden Cafe 渋谷”では、相性抜群の料理も一緒に楽しめる期間限定コラボイベント『スミノフレモネード WINTER SMILE PARTY』を開催中です。筆者は11月15日に行われたオープニングイベントに参加して、『スミノフレモネード』の魅力に迫ってきました!
※IMPACT DATABANK 2014による

飲んだことある? 『スミノフレモネード』

IMG_1839

レモネードといえばアメリカの国民的ドリンク。ちょっと懐かしくて素朴なイメージのレモネードを『スミノフ』で作るとなるとどんな味わいになるのか、気になるところですよね! イベントではまず、ブランドアンバサダーの新田さんが『スミノフ』の歴史や『スミノフレモネード』の魅力をアピールしました。お酒好きでなくとも一度は聞いたことのある定番カクテル“モスコミュール”や“スクリュードライバー”、“ブラッディーメアリー”を生み出したのは『スミノフ』だって知ってました? その歴史は1864年のロシアにまでさかのぼり、1930年代から50年代のカクテル革命の火付け役にもなったのだそう。

IMG_1842

ボトルでそのまま片手で飲める『スミノフアイス』シリーズが人気の『スミノフ』ですが、『スミノフレモネード』は女性を中心に流行中のJam Jar(ジャムびん)スタイルで飲むのが一番の特徴。乾杯するときにジャーが合わさって、レモンがにっこり笑っているかのようなゴキゲンな柄になるのがステキ!

何度も濾過を繰り返して雑味を取り除いたクリアなウオッカと、新しいのに懐かしい甘酸っぱいレモンフレーバーがマッチした『スミノフレモネード』は、現在すでに全国4000店舗以上の飲食店で楽しむことが可能。新たな定番カクテルになりつつあるのだとか。実際に飲んでみると絶妙な甘酸っぱさで、レモン本来のフレッシュな香りがスッと抜けていく爽やかな味わいです。さっぱり系の魚料理にもがっつり系の肉料理にもよく合いそうで、飲む人や場面を選ばなさそう。

これはお酒が進む! 相性抜群の限定メニューが勢ぞろい

foodpic6571647

美味しいお酒に欠かせないのは……やっぱり、美味しい料理ですよね! “Royal Garden Cafe 渋谷”には、イベント期間中『スミノフレモネード』のために作られた限定メニューも登場しています。

foodpic6571630

まずは、『大山鶏のレモン煮込み』。

1 2 3 4次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。