体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【放射能】「子供たちを守るために知ってほしい10のキホン」

原発のこと、放射能のこと。

日々、新しい情報がもたらされる中、何を信じたらいいのかわからなくなってしまうことも多いかもしれません。

つとに、小さなお子さんが近くにいる方は、今、大きな心配事のひとつではないかと思います。

そんな中、MSCR(Moms to Save Children from Radiation)が、「子供たちを守るために知ってほしい10のキホン」というポスターを作成したそうです。とてもわかりやすい内容になっていますので、ご紹介します。

1. 放射能は人の細胞を傷つけます。細胞修復できないと、ガン化も……

放射線は体を通過します。レントゲンを撮ると体の中が透けてみえるのは、そのためです。しかし放射線は、体を通過するとき細胞の核に傷をつけます。人間には修復力が備わっているので、うまく修復できれば“問題はありませんが、できないまま細胞分裂してしまうと、 “がん化”するなど問題が生じます。多くの放射線を浴びれば、細胞が修復できない確率も高まるのです。つまり、がんのリスクを避けるには、できるだけ放射線を浴びないようにすることが大切なのです。

2.低線量の被爆でも、将来的にリスクが高まります!

「放射線が人体に与える影響」は2つあります。1つは「急性被ばく・500mSv以上といった非常に高い線量を浴びると、白血球の異常、脱毛、吐き気、細胞が破壊され死に至る…という、急性で生じる障害のことです。一方、「晩発性障害」は低線量の被ばくをすることで、数年後数十年後に、がんや白血病を発病する可能性があるということ。“ただちに影響はない”けれど、子供たちの将来にかかわってくるのが「晩発性障害」なのです。

3.内部被爆に気をつけて。 “食品基準値”にも要注意

体の外側から影響を受ける「外部被ばく」と、内側から影響を受ける「内部被ばく」があります。ここでカギになるのが「内部被ばく」。食べ物や呼吸、皮膚や傷口から取り込んだ放射性物質が体内に蓄積され、放射線を直接浴びるため、「外部被ばく」の5~10 倍の影響があるといわれています。予防策としては、汚染された野菜や牛乳、魚は食べない、外出はできるだけ控える、マスクをするなど。食品の暫定基準値は、非常に高い値で設定されていることも忘れてはいけません。

4.ドイツ原発労働者と同じ年間限度量と日本の子どもたちに適用する政府

「年間被爆総量」とは、人間が一年間に浴びても良いとされている放射線の限度量です。平常時は、年間で1mSv。ただし、この数値は「1mSvまでなら安全」というものではなく、日常生活を送る上で“どうしても避けられない放射線量”ということで決定された数値なのです。

しかし福島第一原発事故を受け、政府は「年間被ばく線量は 20mSv まで」と基準を引き上げました。この数値は、ドイツの原発労働者の年間被ばく線量と同じ。日本の労働基準法では、18 歳以下は原発に立ち入ることさえできません。つまり、それほど人体に影響を及ぼす数値であるにもかかわらず、政府は 20mSv という数値を子どもにまで適用しているのです。

5.ここまで浴びて大丈夫、という”しきい値”はない

年間100mSvを下回る低線量被ばくについては、専門家の意見が分かれています。福島県の放射線リスクアドバイザー山下俊一氏も、つい先日まで「年間100mSvまでの被ばくなら大丈夫」と言っていました(現在は避難した方が良いと言っていますが…)。意見が分かれる原因のひとつは、仮に放射線の影響によってがんや白血病になったとしても、その因果関係を立証することは困難だからです。しかし忘れてならないのは、「ここまでなら放射線を浴びても安全」という“しきい値”はない、というのが主な国際機関の合意事項となっているということ。つまり、できるだけ放射線を浴びないことが、子どもをリスクから守る唯一の方法なのです。

6.子どもは30歳の5倍にも!

ガンリスクは年齢に比例するという子どもにとっては恐ろしい事実があります。30歳がほぼ平均値として、年齢が高くなるにしたがってリスクは減。逆に若くなるにつれて、リスクも増します。5歳の数字をみると、平均の 4 ~ 5 倍も高くなるのがわかります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。