体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレー味の混ぜそば『まぜ郎焼きカレー』を食す! @『潮中華KAZE』相模原

ka-ka1_R

最近、カレーがマイブームと言う事で、とにかくカレー的な何かを常に欲している筆者で御座います。

と、言う訳で今回は相模原が誇るラーメン専門店『潮中華KAZE』の『まぜ郎焼きカレー』を紹介してみましょう。

この『潮中華KAZE』は意欲的に”限定メニュー”として、色々なラーメンを提供しています。

ka-ka9_R

若干、相模原駅から歩くとシンドイのですが、何気に駐車場はあるので車で遠征するのも正解かと存じます。

限定ラーメンに意欲的な店は要チェック!

ka-ka10_R

「限定ラーメンに意欲的な店は美味い!」

と言う筆者の持論がありますが、この『潮中華KAZE』はまさにそんな感じのラーメン専門店かと思います。

まずレギュラーのラーメンがイマイチな店は論外ですが、やはりいつも同じメニューばかりだと、作っている側も飽きると言うものです。

そこで限定と称して色々な試みを実践し、常にラーメンを研究し続ける”意欲的な店”が現れます。

そうなると、食べる側と言うか常連客も”限定ラーメン”を食べる為に、より足を運ぶようになり、それに気を良くした店主がまた新しい限定ラーメンを考えると言うループになります。

この連鎖で店のラーメンの味が上がる事は間違いないでしょう。

無論、ひとつのラーメンを追い続けるストイックな店も素晴らしいのですが、やはり色々なラーメンにチャレンジする事で生まれる味もあると筆者は考えています。

と、言う訳で週に2回くらいのハイペースで、限定ラーメンを提供し続ける『潮中華KAZE』のモチベーションは、半端ありません。

しかも”カレー味”に定評のある『潮中華KAZE』ですから、これは今回の『まぜ郎焼きカレー味』も期待出来るんじゃないでしょうか?

『まぜ郎焼きカレー味』を食す!

ka-ka2_R

この日も開店時間のチョイ前に訪れたのですが、すでに数人が列を作っていました。限定を狙う時はいつも開店前に行くようにしているのですが、やはり”カレーの日”の時は安定して行列していますね。

どんだけカレーが好きなのかと小一時間問い詰めたい衝動に駆られますが、同じように並んでしまう筆者には何も言えません。

みんなカレーが大好きって事で良いと思います。はい。

絶対的に美味しい具材のみで構成された料理の強さ!

ka-ka6_R

まず、今回の『まぜ郎焼きカレー味』に使われる材料からして

「麺+カレー+生卵+チーズ」

と言う、絶対に外れる訳がないメンバーで固められているので、味的な不確定要素はありません。

今回はあくまでも”焼きカレー”と言う事ですが、実際に焼かれているのはチーズです。

ka-ka4_R

しかし!

このバーナーで炙られたチーズの香ばしさと、カレーの辛さがイイ感じにハマるのです。しかも”生卵”も加わるので、容赦なく『潮中華KAZE』の自家製麺に絡んできます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy