体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

若さは拡張可能!挑め長寿の秘策!

美容と健康に興味はあるが、暇もない!お金がない!面倒くさい!そんな人も多いことだろう。一方で自分はまだまだ若く、関係がないと思っているかもしれない。しかし誰もが歳を取ってから気がつくのである。20代のツケは30代に、30代のツケは40代に“持ち越される”という悲しい現実に。

今回は誰でもできてコストのかからない、長寿効果と強力なアンチエイジングを兼ね備えた、画期的な健康法をご紹介しよう。

長寿を実現するサーチュイン遺伝子

さらっと言うが、人類は長寿を実現する遺伝子を見つけてしまった。そんなバカな!と言われても、見つけちゃったのだから仕方ない。その名は“サーチュイン遺伝子”。人間誰もが持っている遺伝子で、普段は眠っているがとある条件にて発動し、“体中の老化進行を抑制する”働きをする。健康通の方なら既にご存知の事だろう。

サーチュイン遺伝子を活性化させた動物での実験では、安定的に寿命が2〜3割延びることが確認されている(勿論、例外もある)。これを人間に応用すれば、寿命を80歳と仮定した場合、96〜104歳までの延命が可能と言われている。注目すべきは、これが単なる“高齢者の延命策”ではなく“若さの延長”でもあるという事。20〜30代で取り組めば“青年期を延ばす”事も可能になる。

サーチュイン遺伝子の発動条件

方法は意外にシンプル。それは毎食時、腹八分目ならぬ“腹七分目”を心掛ける事。これによりサーチュイン遺伝子が発動するという。サーチュイン遺伝子はミトコンドリアを活性化させ、細胞のエネルギー効率を上げる働きをする。大雑把に言えば、低燃費モードに体が移行するようなものだ。結果、腹七分目の摂取量で必要エネルギーがまかなえてしまう。これは進化の過程で獲得した、飢餓に備えた防衛本能と言ってもいいだろう。

無論、どんな食生活でも腹七分目でいいという訳ではない。大切なのは栄養バランスを維持する事。ハンバーガーを食べて“ポテトは諦めよう”という問題ではないのだ。

レスベラトロールという手段

腹七分目というのは、言う程簡単なものではない。著者を含む多くの人間は、欲求の前では根性無しであり、満腹感の誘惑には勝てそうもない。そこで登場するのが『レスベラトロール錠』。この薬を好きな時に服用することで、サーチュイン遺伝子を意図的に発動させることが可能となる。これにより、苦行のような腹七分目ルールを守る必要がなくなるのだ。

レスベラトロールはポリフェノールの一種で、主に赤ワインやぶどうの皮に含まれる抗酸化物質。残念ながら日本では錠剤として未承認薬であるが、レスベラトロールをある程度含有する健康補助食品ならば購入は可能である。しかし長寿を目的にした適性摂取量は確立されておらず、価格も含有量もサプリメントで様々。各国の製薬会社がレスベラトロール薬の開発競争を始めている現状、一定の普及と効果を見定めて手を出すのが賢明であろう。

腹七分目を攻略する

さて思い出して欲しい、薬に頼る事なくサーチュイン遺伝子を発動させる方法を。この苦行の様な腹七分目ルールを、何とか習慣化する方法はないものか。

実はその光明として、“ガム”を用いる方法が既に知られている。食前にガムを噛み、食欲自体を抑制するというのだ。脳伝達を誤摩化し、食前に一定の満腹感を演出する“ガムダイエット”と同じ仕組み。加えて、食事中は意識して“何度も噛む”事。この行為、満腹感到来を早めるだけでなく、エネルギー吸収効率を高め糖化を抑制できる。

ガムはコンビニやキヨスクで売っている一般的なガムでも問題はない。選択基準としては、口の中で溶けず弾力が持続するタイプが望ましい。味が持続するタイプはできるだけ避けることをお薦めする。理由は味のなくなったガムの不味さが、食欲をさらに減退させるからだ(これは著者のアイデア)。また噛みごたえがあり、口の中に長時間残る食物であれば代用は可能。スルメなどは最適だ。しかし飴玉はこめかみ運動ができない分不向きと言える。

習慣化さえ成功すれば、腹七分目ルール克服も十分視野に入る。この段階に至れば、例えレスベラトロールが普及する世の中になったとしても、薬に頼らず自力で長寿を実現できるはずだ。

高血糖を予防する秘策

努力し習慣化するという前提ながら、我々は長寿への切符は手に入れた。しかし、著者はさらなる“”長寿と若さのブースト”を試みようと思う。その手段を教えてくれたのは、NHKのあのカリスマ番組であった。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。