体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ラスト・ナイツ』紀里谷監督インタビュー「人種を越えた“人間”同士の物語を作りたかった」

紀里谷監督

『CASSHERN』や『GOEMON』など独特の世界観と映像美で世界中にファンを持つ紀里谷和明監督。ハリウッドデビュー作『ラスト・ナイツ』がいよいよ11月14日から公開となります。

本作は『忠臣蔵』をベースに、腐敗した世界で戦う高潔な君主とそれに仕える者達の騎士道を描いたダーク・ファンタジー。主演に、クライブ・オーウェンを迎え、モーガン・フリーマン、伊原剛志など国境を越えた豪華なキャスト陣も話題に。

今回は紀里谷監督ご本人に映画についてインタビュー。「撮影に使ったスモーク代が1日250万円」や「部屋全体を3DスキャンしてCGを作った」など、壮大な制作秘話は必読です。

【関連記事】今までにない世界観が超魅力的!紀里谷和明最新作『ラスト・ナイツ』レビュー
http://getnews.jp/archives/1103411 [リンク]

ラスト・ナイツ

―作品を拝見して、ダークファンタジーで幻想的な映像に最先端な魅力を感じながらも、物語自体は普遍的で誰しもに響くお話だと感じました。監督はどの様なきっかけでこの作品を作ろうと思われたのですか?

紀里谷:まず脚本が僕に送られてきて、脚本を読んだ時に素晴らしいな、と率直に思いました。おっしゃった通り、誰にでも通じる、寓話的な物語であったので。この作品って、日本や、アメリカや、他の先進国ではすごくタイムリーな話だと思うんですね。「権力」があって、それに人々が怯えていて、それは間違っていると皆が思っているのに誰も何も言わない。『ラスト・ナイツ』では、その間違っている事に対して一人の人間が抗議するわけですね、その結果、命や大切な物を全て失ってしまう。しかし、その意志は引き継がれていくという。匿名であれば意見を言えても、自分が表に立って言う人ってなかなかいない。しかも今の日本だと、その意見を言った人が叩かれてしまう様な状況がありますよね。

―撮影はいつ頃からスタートしたのですか?

紀里谷:2013年頃からですかね。

―2年経って、この物語が持つパワーがさらに響く時代に変化している様に感じますね。

紀里谷:どの学者も経営者も誰しもが今の日本の状況は良くないと言っていて、皆それに気付いているはずなのに見てみぬフリをしているというか。家が火事になっているのに「まだ大丈夫」と言っている様なものですから。だから、この映画を観て、自分の身を危険にさらしても正義を守るリーダーの姿には感動してくれるのではないかと思っています。

モーガン・フリーマン

―モーガン・フリーマンの君主の堂々たる厳しさといいましょうか、佇まいから全てが素晴らしかったです。また、髭のデザインも特徴的でしたね。

紀里谷:髭はモーガンのアイデアですね。自分のヘアメイク連れてきて、役も作り込んで来て、「この髭でやっていいか?」と聞かれたので「かっこいいですね、ぜひ」って。

モーガンとクライヴは脚本を読んで、すごく気に入ってくれていました。(黒人である)モーガンが貴族や君主の役をやるというのは歴史的に言うとあり得ないわけですよね。だから彼自身も「こういう役は最初で最後だろう」と気合いを入れてくれていました。

―他のキャスティングについてはいかがですか?

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy