ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嘘の上塗りが闊歩するこの国(日日平安part2)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はとみいさんのブログ『日日平安part2』からご寄稿いただきました。
※この記事は2015年11月3日に書かれたものです。

嘘の上塗りが闊歩するこの国(日日平安part2)

嘘をつくことはいけないが、よい結果を得る手段として、必要になるのは<嘘も方便>。そして、事実でないことを事実のように作り上げるのが<捏造(ねつぞう)>という。

“捏”の漢音はデツで、ネツは慣用音(呉音としている辞書も)と記されている。
“捏(でつ)”は「作る」の意味でも使われ、「上げる」が付いて<でっち上げる>になる。

<でっち上げる>には、「間に合わせに、形だけととのえて作り上げる」という意味もあるので、“捏造”とはおもむきが変わってくる。

<締め切りに間に合わせようと、あわてて提出書類をでっち上げた>というのは、内容をうそで固めて捏造したわけではなく、とにかく形にしたということになる。

——————

2013年から3年続きで、秋になると“嘘”の絡む大きなニュースが飛び込んでくる。
まず、一昨年の秋は、あちこちの有名ホテルのレストラン・メニューから“偽装”同然の「誤表示」が明るみに出た。

「小ぶりのエビは、すべて<芝海老>と表記していいと思っていた」という記者会見での言い訳にはあきれた。

わずかばかりの後ろめたい儲けと引き換えに、信用の暖簾に泥を塗ってどうなることか、と思いきや、何事もなかったかように、どの店も今までどおりに営業されている。

「区別がおつきになりませんか?」
「うん、つかないなあ」
「それなら、どっちだっていいじゃありませんか」。

こんなジョークもあったようだが、どうせ客にはわかるまいの心境で、今も<でっち上げ>ならぬ、<捏造>精神でも発揮されていたら、たまったものではない。

——————

昨秋、小渕優子経済産業相(当時)の政治資金問題が発覚した。

支援者向けに東京・明治座で開いた観劇会で、赤字が生じたように装うなどして、(小渕氏)関連4団体の平成21~25年分政治資金収支報告書に架空の寄付金を計上。計3億2千万円の虚偽記載と不記載をしたとして、同法違反の罪に問われた

小渕氏の資金管理団体「未来産業研究会」は2006年ごろまでにも、収支報告書に記載していない支出が計1億円近くに上り、その使途は、事務所関係者らが東京で飲食をした際の費用などだったという。1億円の飲食とはどのような豪遊だったのであろうか。偽装で得た金なので、偽装メニューレストランでも派手にお金を落としていそうだ。

もっとおどろくのは、彼らがとった行動である。
家宅捜索前、事務所の複数パソコンのハードディスクにドリルで穴を開け破壊されていたのだという。これほど幼稚でわかりやすい証拠隠滅もめずらしい。

元秘書・前群馬県中之条町長と、「未来産業研究会」の元会計責任者が有罪判決を受け、小渕氏本人については、東京地検特捜部が4月、不起訴処分とした。
その後、検察審査会に不起訴不当の申し立てがあったが、検審は不起訴相当と議決した。

——————

小渕氏について<不正処理に関与したり、事実関係を認識したりしていたことは認められず、会計責任者の選任・監督の責任も認められない>と結論づけられたが、秘書たちがなにをやっても知らぬ存ぜぬで、必要書類の中身もまったく知らないという。そのことに関しても、裏で何かあるのではとの疑惑をおぼえるが、もっと呆れ返る結論があった。

群馬県内の事務所で帳簿データなどの入ったハードディスクが、ドリルで破壊されていた問題は、<不調で使用できなくなったサーバーをパソコン販売業者に引き取ってもらったところ、業者がサーバー内のハードディスクにドリルで穴をあけたもの>として、特捜部の捜査には支障は生じなかった・・・そうなのである。

つまり、<パソコン破壊は業者がドリルでやった>ということに、話がすり替わっているのである。

嘘や捏造の連鎖で積み重なった土壌に、いくら杭を打ち込んでも土台はガタガタになるだけ。<嘘の混ざらぬ強固な土台に、頑強な杭を打ち込んでほしいもの>と思う矢先、この秋もその杭は揺らぐどころか、地表にも達していない。

旭化成建材(東京)の杭打ちデータ流用問題で、横浜の傾いたマンション以外でも、杭の安定を装うデータの使い回しが明るみになった。またもや、嘘が嘘を呼び大揺れになっているのである。

執筆: この記事はとみいさんのブログ『日日平安part2』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2015年11月12日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP