体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いままでありがとうございました の巻

農家の婿のブログ

今回は農家の婿さんのブログ『農家の婿のブログ』からご寄稿いただきました。

いままでありがとうございました の巻

このブログは過去記事みてもそうですが、基本的には一農民の愚痴の垂れ流しブログです。
あくまで僕の個人的な愚痴をこぼしてしまっただけのブログであって、一部伝聞情報もあります(ウチの村のホットスポットのあたりとか)。
そのあたりご了承のうえ、お読みください。

どーもどーも お久しぶりでございます。
やっと落ち着きました。
今年初めてのブログですが、いきなりお別れの挨拶です。

いままでありがとうございましたの巻 いままでありがとうございましたの巻 いままでありがとうございましたの巻

田んぼは津波にやられませんでした。
だから大丈夫かなと思いきや、まさかの原発アタック。

このブログでも、
いわきに住んでます、いわきの米うまいっす、いわきの米買って下さい
とやっていた婿です。
もしやと思っていた方。
ビンゴです。

そしてウチの街は今こう呼ばれています「最果ての街」。
国道6号線。
行政、経済機能が維持されている最北の街だからです。
だからウチの家も田んぼも当然のように原発30km圏内。

そんな婿の近況。
ウチは規模が大きめなので、毎年播種は4月5日、10日、15日と3回に分けてやっていたのですが、今年は義母と議論して議論して議論して、作付を自粛することにしました。

理由は3点。

理由1:作らなかったら0(ゼロ)、作ったら赤字、だったら0のほうがマシ

そもそもなぜ作付を議論する余地があるのかというと、4月23日、いわき北部は緊急時避難準備区域から外れ30km圏内でも作付にGOサインがでました。
当時、作っても大丈夫なのか、土壌調査はしたのかと問い合わせた婿に対する農協や市のコメントは
「土壌調査はしてない(ウチの地域)けど大丈夫です。制限が解除されたので作ってください」
でした。
(その時点で土壌調査されていたのは、広いいわき市でたった4か所)

作って、汚染されていたらどうなるのか、その買い取りに関しては責任を持ってくれるのかという問い合わせに対する返事は
「わかりません。あくまで自己責任で」
でした。
作らなかったら補償はどうなるか? と聞くと、対象になりませんという返事。
要するに、
「作んなかったら補償ナシな、だけど作っても俺たち知らねえから」
でした。
どこの剛田さんとこの息子かと思いました。

理由2:時間的に無理ッス

このあたりの播種限界時期は4月25日と言われておりまして、4月23日に作付制限解除され、それから避難先から帰って、もみを買って、土を買って、箱を洗って、ハウスにビニールをかぶせて、ハウス内の草を刈って、整地して、機械を整備して、保温機を組み立てて、調整して、1700枚の苗箱に種を撒き切る……これらの作業を2日間で終わらせるのは無理でした。

そして理由3、最後の理由

これが婿の中で一番大きな理由でした。
汚染されてないかもしれない、だけど汚染されてるかもしれない……そんな嫁に食わせたくない米を人様に売るわけにいかねぇっつーの!

汚染されてる米が万が一流通ルートに乗っちゃったら、責任とれないです。
他人の健康を害するかも知れない米を売ったお金で生活する。
それは無理、無理っすわ。
農家にだってプライドありますし、そんなもん出すくらいなら補償0のほうがマシじゃボケっ!

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。