体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【画像】京都・鴨川は都会の真ん中にある野鳥のオアシス

kamogawa000

晩秋の11月、京都・鴨川畔を歩いてみました。七条大橋から出町柳の鴨川デルタまで約4.5キロの道程です。

kamogawa_zu

鴨川は京都市街の真ん中を南北に流れる川で、長く続く河川敷は京都市民、観光客の憩いの場となっています。ジョギングをする人、自転車に乗る人、手を繋いで歩くカップル、腰を下ろして物思いに耽る人。特に三条界隈はカップルのデートスポットとしても有名です。

鴨川は絶好の野鳥の観察スポット

実は鴨川は絶好の野鳥の観察スポットでもあります。四季を通して、様々な野鳥が観察できます。
特に秋から冬にかけては冬の水鳥を身近に観察ができます。意外に人に慣れていて、近づいても、すぐには逃げていくことがありません。結構、近くまで寄って観察ができるのです。筆者は琵琶湖の水鳥もよく観察しに行くのですが、近づいていくと、すぐに沖へ遠ざかっていきます。
今回、観察できたのは、マガモ、ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、オカヨシガモ、アオサギ、ダイサギ、カワウ、カワセミ。もう少し寒くなれば、ユリカモメが飛翔する姿も観察できるでしょう。

河川敷に下りるなり近づいてきたアオサギ

七条大橋から河川敷に下りたのですが、川の中にいたアオサギがこちらに向かって近づいてきました。きっと誰か餌をやった人がいるんでしょうね。とても人慣れしている様子です。でもちょっと怖かったです。2メートルくらい近づいたところで、筆者の方が逃げました。

kamogawa_aosagi

堰で餌を狙うダイサギとアオサギ

ダイサギとアオサギが堰を上る小魚を狙っていました。大きいのが三羽揃うと豪華ですね。

komogawa_sagi

ヒドリガモの群れ

ヒドリガモは冬に飛来する水鳥で、オスは額から頭頂がクリーム色なのが特徴です。オスが何か叫んでいますね。威嚇しているのかな?

kamogawa_hidorikamo

釣人の獲物を狙うアオサギ

アオサギが釣人の獲物を狙おうと、遠くから様子を伺っています。おじさん、携帯でどこかに連絡しているようですが、まさか警察に?
「もしもし、何やでかい鳥がワイを狙ろうとるで。すぐこっち来てんか!」
『火曜サスペンス劇場 京都アオサギ殺人事件』
なんてね。

komogawa_turi_aosagi

川洲に佇むカワウ

カワウは1970年頃、急激に減ったようですが、その後、河川の環境が良くなって、今や爆発的に増えています。琵琶湖ではフン害で問題になったこともあります。ちなみに鵜飼いで使われるのはカワウではなく、ウミウだそうです。

kamogawa_kawau
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。