ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SA テイチクよりメジャーデビュー&野音ワンマン映画化決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月8日 クラブチッタ川崎で【SA presents BIG TOP SPECIAL 感謝爆発祭】を開催したパンクバンド SA。同ライブにて、テイチクエンタテインメントよりメジャーデビューすることを発表した。

 本イベントは、7月11日に、初の日比谷野外大音楽堂ワンマンライブ【BRING IT ON FINAL<結>】を成功に収めたSAが、その感謝の気持ちを込めて開催。SAの他、彼らの野音ワンマンを盛り上げる応援プロジェクト“SAコムレイズかかってこん會”の応援団長 怒髪天や、SAの自主企画イベント【BIG TOP】の常連バンド THE NEATBEATSとザ50回転ズが登場した。メインステージとサブステージの2ステージで構成された会場では、SA各メンバーのDJやスペシャルユニットで感謝の気持ちを表した“THANKS ACT”等を行った。

 メジャーデビュー作品となるのは、2016年1月20日にテイチクエンタテインメント・インペリアルレコードより発売する、国内初のベストアルバム『ハローグッドバイ』。今後のSAにとって新たな名曲となること間違いなしの新曲「START ALL OVER AGAIN!」、「新しい歩幅」と、新録4曲を含むSAの絶対的名曲13曲の全15曲を収録したマスターピースとなっている。

 「START ALL OVER AGAIN!」は、現状に安住する事なく新たなる“いい景色”を目指す、終わり無き大冒険をテーマに、キラキラのロックンロールを身に纏った、ハンドクラップ対応型ポジティブ全開チューン。「新しい歩幅」は、誰もが体験する別れ、始まり、それに付き纏う寂しさや怖さに対し、「それでも、前に進むんだ。」という強い意思が込められており、初めてアコースティックギターを導入した、フォーキー・テイストな楽曲だ。SAの持つ両極が投影されたこの2曲によって、このアルバムが過去を振り返るベストアルバムではなく、前に進む為のベストアルバムであると感じ取れるだろう。

 また、7月11日に開催された日比谷野外大音楽堂ワンマンライブの映画化が決定。2016年2月20日、東京・新宿バルト9ほか、名古屋、大阪で初公開となる。

◎ベストアルバム『ハローグッドバイ』
2016/1/20 RELEASE
[初回限定盤(CD+DVD)]
TECI-1485 3,900円+税
[通常盤(CD)]
TECI-1486 3,000円+税
収録曲
1.START ALL OVER AGAIN!(※新曲)
2.新しい歩幅(※新曲)
3.DON’T DENY,GIVE IT A TRY!!(※再録)
4.サマーホリディズスカイ(※再録)
5.GET UP! WARRIORS(※再録)
6.さらば夜明けのSkyline(※再録)
7.YOUTH ON YOUR FEET
8.(GOOD BYE)SHINING FIELDS
9.runnin’ BUMPY WAY
10.DELIGHT
11.MARCH of HEROES
12.SONG FOR THE LOSER
13.GO BARMY KIDS
14.KIDZ IGNITE
15.RALLY-HO!

関連記事リンク(外部サイト)

SA 伝説の野音ライブ 映画化に向けてクラウドファンディングスタート
伝説のパンクバンド SA “今”を閉じこめたパーフェクトブック発売
WANIMAアルバム1位へ好発進、乃木坂46がPerfume破り、EXOの日本デビューにも注目:今週の邦楽まとめニュース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP