体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モノ・マガジンのデジカメ報告No.4】エントリークラスとゆめゆめ侮ることなかれ! 『ニコン D5500』

big

モノ・マガジンのデジカメ報告No.4

本稿は1982年創刊モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス刊)好評デジカメ連載『写真家:織本知之のデジカメナウ』や『電子寫眞機戀愛(デンシシャシンキレンアイ)』を気まぐれに、順不同に、電脳スペース上に移植したものである。または、カメラ片手に世の森羅万象を記録せんと闊歩する電磁カメ戦士たちにおくるラブレターでもある。

写真家:織本知之のデジカメナウ『ニコン D5500』

butsumainaaaa

「そろそろ一眼レフにしたいのだけど、どこのなんていうカメラが良いのかひとつふたつ教えてよ!」カメラマンという商売を長くやっているとまあこういった質問を投げつけられることといったら。

「隣人と垣根のことでちょっとモメてましてね、土地の境界のことでひとつふたつアドバイスを……」って弁護士に相談したら30分でいくらとられるって思ってるんだ? あ?

「どうもめまいが収まらなくて、どうでしょうMRIでひときれふたきれ輪切りで画像診断を……」って人間ドック一泊二日したらいくらとられるって思っているんだ? え?

ただでプロのアドバイスを受けれると思ってんのか? 世の中にコンサルティングっつうのがどれだけいると思ってんだ? そんな了見だからお前さんはいつまでたっても……なんて文句は言いません。オトナですから。

ただね、もうすこし職業写真家という職種に敬意を払ってお茶の一杯、カステラのひときれでも出しながら『ところで目利きのお前さんのことだ、最近のデジ一眼の中でカメラ振りのいいやつなんかに心当たりが……』なんて粋に聞いてくださればいいんです。

そうすれば『そうすね。普請は総体檜造り、天井は薩摩の鶉木目、畳は備後の五分縁、左右の壁は砂ずり……カメラはニコンのD5500でトドメでありましょうなあ』なんてえ気の利いたお答えのひとつもできるっつうもんです。

本体のみで約420g!

それでは、そのD5500がどれだけすぐれているのか実機を元にご説明いたしましょう、これが……うわあ!……驚かせてすみません。だいじょうぶです、想定外の軽さに思わず手が高らかにあがりすぎちゃいました。どれくらい軽量にできているのかというとですね、本体のみで約420g!

「え?」といま思った貴方。そうです、確かに世のミラーレス一眼勢にはもっと軽いカメラもありましょう。でもね、ニコンD5500はAPS-Cサイズの記録素子を持った一眼でバリアングル液晶を装備したモデルでは世界最小最軽量なのでありまするぞ。

そしてその液晶モニターは今回タッチパネルを採用したのです。言うなれば半ラーメンにトッピング全部乗せたようなものです。どうです、俄然お得感が出てきたでしょう? 

D5500_BK_18_55_II_LCD_4

主な性能としては2416万画素CMOSセンサー、ローパスフィルターレスの解像感番長仕様。画像処理エンジンは「EXPEED 4」で撮影感度はISO100~25600。

約5コマ/秒の連写速度、バリアングルモニターはTFT3・2型の約104万ドット、光学ファインダーは視野率(約)95%で見え具合良好な倍率は(約)0・82倍。AFは39点測距と幅広くカバー。最新のデジカメのトレンドであるWi-Fiにも対応。

エフェクトカラーは10種類

このクラスが一番エフェクト撮影をエンジョイできると思うのですが、D5500にはさらに3つのエフェクトが追加されて誠にブラボーなんですね。増えたのは「極彩色」「ポップ」「フォトイラスト」の3つで、今までのジオラマ効果やナイトビジョンモードと合わせて計10種類になりました。

1 2 3次のページ
モノ・マガジン編集部の記事一覧をみる

記者:

1982年創刊のモノ情報誌のパイオニア。

ウェブサイト: http://www.monomagazine.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。