体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子高生にまでもてはやされているドラッカーさんは日本限定

エンタメ
BOOKS AND THE CITY

今回は大原ケイさんのブログ『BOOKS AND THE CITY』からご寄稿いただきました。

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(『もしドラ』)ってどのぐらい売れたんだろう? もう500万部はいってるだろう。たしかアニメにもなってたよね。AKB48が出た映画版はそんなにヒットしなかったようにも聞くが、もうみんなが飽きた頃に同じ話で映画を作るのだから、さもありなん。
これはいい本だなぁ、少しでも多く売れて欲しいなぁ、なんて本が1万部もいかずに絶版になるなんてことが日常茶飯事の出版業界にあって、こういったミリオンセラーは嬉しいニュースのはずなのだが、複雑。

よく言えば、ダイヤモンド社さんにしては思いきって毛色の変わったものを出してきましたね~、とねぎらう気持ちはあるけれど、著者が秋元氏の付き人だったなんてきくと、なんじゃそら? と思う。

しかもアタシ、この女子マネというものがそもそもキライ。なんでオトコがプレイしてオンナがそのお世話するんだよ? オトコだって部活の雑用は自分たちでやればいいんだし、そんなに野球が好きだったらオンナの子も自分たちで野球部つくればいいじゃん。もうそういう戦後の男女役割分担、やめようよ、ってのが本音。

しかも、こんなの大の大人が読んで感動するような話なんだろうか? 日本で今いちばん売れている本はこれですって胸はって海外の人に紹介……してほしくないような。

でも今回のコラムの主旨は、それとは全然関係ない。実はドラッカーなんて崇めてるのは日本人だけだからね、ってことが言いたかっただけだ。

ドラッカー先生に限らず、海外では知る人ぞ知る、あるいはそこそこぐらいの認知度なのに、どこか日本人のツボにハマって大はやりでもてはやされる外人さんは大勢いる。

最近ではサンデル先生。前にもブログに書いた*1 記憶があるが、実はこれ、友人の企画が大化けしたものだ。何年か前に、「ちょっとこの学生が言ってること、うまく訳せないんだけど……」と原稿を見せてもらって、「あ~、この子、人前で質問してアガっちゃってるのか、話がループして自己矛盾してるよねー。ってことでスッキリとは訳せないでしょ」なんて助言した記憶がある。

*1:「今日から始める、自分だけのサンデル先生の授業 ディベート101」2010年8月29日『BOOKS AND THE CITY』
http://oharakay.com/archives/2177

ディベートスタイルの授業なんてアメリカじゃ珍しくも何ともないので、忘れかけていたら、変な時間帯に放映されてたにも関わらず、ヒット、あれよあれよと人気が出て、本も売れ、なにやら日本で引っ張りだこ。友人も新番組が作られる度に帰国して忙しそうだ。

そのこと自体を批判する気は毛頭ない。日本人にもこういう授業は刺激的であろうことは十分理解できる。でも例えばファンになって、 サンデル教授の著書を全部読んだり、授業を全部録画したりした人が、その辺のアメリカ人学生をつかまえて「ねぇねぇ、サンデル先生って面白いよね」と話しかけてもぜーったいに「は? 誰それ?」という返事が返ってくることうけあい。ハーバードの学生でも知らない人の方が多いと思う。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会