ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android用Chrome Devの最新版でアプリとタブの統合を無効にしても色付きアドレスバーが利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Chrome 39 で新たに追加された Android 用 Chrome の色付きアドレスバーが、最新の Chrome Dev で「アプリとタブの統合」を無効にした場合でも機能するようになりました。アドレスバーとタブがサイトの指定した色に変わるこの機能は、これまでは「アプリとタブの統合」を有効にした場合にだけ機能していました。それが統合を止めてアドレスバーと履歴を一体化した状態でも、上図のようにサイトの指定した色が表示されるようになります。「アプリとタブの統合」オプションは、端末の履歴で Chrome のタブを管理できるので、アプリのように切り替えられる反面、どこに開いたサイトがあるのか、わからなくなってしまうこともあります。そのため、統合を無効にして使っている方も多いでしょう。そんな場合でも色付きのアドレスバーが利用できるということです。

■関連記事
Xiaomiの「Mi 4c」が香港のUniqbe.comで発売
アナログ腕時計を変更できるスマートウォッチ「Chronos」が発表、Androidでも利用可能
Xperia Z5 Premium(E6853)が台湾で発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP