体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】踊ってみたの祭典『ニコニコダンスマスター』とは!?

エンタメ
ダンマスプロデューサーあべちゃんに聞く!!

今月19日に開催される『Nico Nico D@nce M@ster(ニコニコダンスマスター)』。 このイベントは『ニコニコ動画』に自身のダンスを投稿する踊り手(ユーザー)が出演するダンスイベントだ。 今回、この開催の直前にプロデューサーである、あべちゃんからイベントの見所やダンスの魅力について教えてもらった。

あべちゃん自身について聞く

-宜しくお願いします。 まずは、このイベントの趣旨を教えて下さい。
元々、大会議(ニコニコ大会議)というイベントがあって、歌演目を主にやっていたんですが、『ニコニコ動画』の中には他にもステージに立てる沢山のユーザーがいますよね。 そういった人達にも徐々にステージに立って頂くということで、まずは「踊ってみた」(ユーザーが自身のダンスを投稿するカテゴリ名)の祭典(ダンスイベント)を開催しようじゃないか、という主旨から始まりました。

-あべちゃん自身、ダンスへは思い入れがあるのでしょうか。
大学時代、ずっとダンスをしていたんですよ。 ダンスを5、6年やっていてバトルイベントに出たり、舞台公演で振り付けや演出もやっていたんですね。 その後社会人になってからニコニコにハマり、元々やっていたダンスの舞台的な知識を活かしています。 だからダンス自体は詳しかったですね。 (ダンス自体は)かなりガチでやっていました。 そればっかりやっていたので、大学へも行かなかったくらいです(笑)

-そこまでダンスというのは魅力的なものなんですか。
歌だったりダンスだったり、それぞれ魅力はあると思うんですけど、ダンスの場合は言葉を発さないじゃないですか。 ただ、人間はやっぱり誰かと一緒に動こうとするとコミュニケーションをとらないといけない。 踊りの場合はそのコミュニケーションがダンスなんですよ。 動くことで呼吸を合わせて、時には目を合わせて、体全体で意志の疎通を図る。 そういう意味では、言語を持たなかった時代から何となく体でコミュニケーションをするっていう人間が本来持っている本能的な部分に近いものがあるんじゃないかなと僕は思っているんですね。

1 2 3 4 5次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会