体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】踊ってみたの祭典『ニコニコダンスマスター』とは!?

ダンマスプロデューサーあべちゃんに聞く!!

今月19日に開催される『Nico Nico D@nce M@ster(ニコニコダンスマスター)』。 このイベントは『ニコニコ動画』に自身のダンスを投稿する踊り手(ユーザー)が出演するダンスイベントだ。 今回、この開催の直前にプロデューサーである、あべちゃんからイベントの見所やダンスの魅力について教えてもらった。

あべちゃん自身について聞く

-宜しくお願いします。 まずは、このイベントの趣旨を教えて下さい。
元々、大会議(ニコニコ大会議)というイベントがあって、歌演目を主にやっていたんですが、『ニコニコ動画』の中には他にもステージに立てる沢山のユーザーがいますよね。 そういった人達にも徐々にステージに立って頂くということで、まずは「踊ってみた」(ユーザーが自身のダンスを投稿するカテゴリ名)の祭典(ダンスイベント)を開催しようじゃないか、という主旨から始まりました。

-あべちゃん自身、ダンスへは思い入れがあるのでしょうか。
大学時代、ずっとダンスをしていたんですよ。 ダンスを5、6年やっていてバトルイベントに出たり、舞台公演で振り付けや演出もやっていたんですね。 その後社会人になってからニコニコにハマり、元々やっていたダンスの舞台的な知識を活かしています。 だからダンス自体は詳しかったですね。 (ダンス自体は)かなりガチでやっていました。 そればっかりやっていたので、大学へも行かなかったくらいです(笑)

-そこまでダンスというのは魅力的なものなんですか。
歌だったりダンスだったり、それぞれ魅力はあると思うんですけど、ダンスの場合は言葉を発さないじゃないですか。 ただ、人間はやっぱり誰かと一緒に動こうとするとコミュニケーションをとらないといけない。 踊りの場合はそのコミュニケーションがダンスなんですよ。 動くことで呼吸を合わせて、時には目を合わせて、体全体で意志の疎通を図る。 そういう意味では、言語を持たなかった時代から何となく体でコミュニケーションをするっていう人間が本来持っている本能的な部分に近いものがあるんじゃないかなと僕は思っているんですね。

ダンスイベントについてお尋ねした

-ダンスのイベントってどんなことをするのでしょうか。
ダンスのイベントには色々な種類があって、ショーケース(演目のこと)イベントといって個人やチーム単位で順番に踊るもの、個人・チーム同士で競うバトル形式のもの、舞台公演としてのダンスイベントといったものもあります。 今回(ダンマス)はショーケースタイプになります。 ただ、バトルものもやりたいですよね。 ストリートダンス色に寄り過ぎないなんらかの形で。

-集まるお客さんはどんな層が多いのでしょうか、若い女性が多いイメージなのですが。
ところが、前回は男女半々くらいで意外と男性も多いんですよ。 ちなみに今回、本当に見たい人達を選びたくて応募へのハードルを上げてみたんです。 (-具体的には?)応募の際「意気込みメッセージ」を添えてもらったんですが、これが面白くて。 物凄い熱烈なファンレター的なメッセージや、「イベントを生で見たいんです!」と真面目でストレートな気持ちをぶつけて来るメッセージとか皆、色々と頑張って書いてくれていました。 逆に「見たいです」といった一言メッセージが少ないことが印象的でした。

ダンマスはどのように進化しているのか

-前回との比較をお聞かせ下さい。
まず出演の人数規模はより大きくなりました。 前回が70人くらいだったんですが、今回は120人弱と倍近くになっています。 また、前回は照明をあまり吊るせなかったりカメラの台数が少なかったんですが、今回はニコニコ大会議さながらの演出にパワーアップしていると思います。 何より前回と違うのは、(前回は)”カッコイイ”を軸に開催したんですが、今回は原点回帰というのが正しいか分からないですが「踊ってみた」には面白い人たちも沢山いるので(そこにも焦点をあてて)より「踊ってみた」の祭典らしくなっていると思います。

-ダンスのレベルはどうなんでしょうか。
ストリートダンスとしてレベルの高い人もいれば、全然ダンス経験はないのだけれど自分の踊りのフリを創作して踊る人もいます。 他にもアイドルみたいな人達もいるし、ギャグな人たちもいる。 ダンスの実力で見ると凄く上から下まで大きな開きがあるんですけれど『ニコニコ動画』ってストリートダンスだけの世界じゃないんで。 レベルは勿論重視しながらも、それだけじゃないと思っているんですよ。 技量が低かろうと発想の勝負で人気を得る人もいますし。

1 2次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。