ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『NOLTY TOOLS セオリア B6』日頃愛用しているB6手帳、機能に物足りなさを感じたらこのジャケットを追加!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

和の手帳の代名詞「能率手帳」の血統を受け継ぐ「NOLTY」、その手帳をさらに使いやすくするツールとして発表されたのが日本能率協会マネジメントセンター(東京都中央区)によるダイアリージャケット『NOLTY TOOLS セオリア B6』(シンプルタイプ/ペンケースタイプ・希望小売価格 税抜13500円/15500円・発売中)。これを使えば普通の手帳が多機能手帳に早変わりだ。

 

ちなみに「NOLTY」の名前は付いているけれども、B6サイズの手帳だったら装着できるのがこの『NOLTY TOOLS セオリア B6』。ペンをそのまま装着するシンプルタイプと複数ペンを入れることのできるペンケースタイプの2種類に分かれる。

 

シンプルタイプ

 

内部の右側にはスリットポケットが3つ。左側はフラットタイプのポケットと名刺やカードなどを収納するサイドポケットが仕込まれている。ペンホルダーは口径可変式。

ペンケースタイプ

 

続いてペンケースタイプは、右側に複数本を収納できるペンケースとスリットポケットが3つ。左側は、フラットポケットと名刺などのカードの他に替え芯などの小物も収納するサイドポケットが仕込まれている。

どちらの手帳も傷に強い日本製のエンボス加工をした本革を使用し、内側はPVC貼り。ともにカラーバリエーションはブラック・ベージュグレー・エメラルド・ネイビー・オレンジの5種。

どちらにしろ本格システムダイアリーも購入できそうな価格ではあるが、ページレイアウトなどが気に入っているB6サイズの手帳をすでに愛用していて変えたくない場合、機能追加を望むなら良い方策だろう。実際、世の中には多彩なページレイアウトの手帳は数多く出回っているが、書き心地を含めた紙の質感・色と自分の望む機能性を持ったデザイン構成のものを探すとなると本当に難しいものなのはご存知の通り。

デザイナー監修のもと作られた外装は高級感も満点、書き心地も邪魔しない工夫も取られているのはさすが「NOLTY」。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP