体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西岡参議院議長、語る(1) 「国会の運営をやるだけが議長ではない」

西岡武夫参議院議長

 参議院の議長を務める西岡武夫氏が2011年6月14日、ニコニコ生放送とUstreamで放送された「山本一太の直滑降ストリーム」に出演した。参議院議長として中立性を保ち議事を進めることを心がける一方で、菅直人首相や菅政権を批判してはばからない西岡氏だが、そもそものきっかけは2010年9月に尖閣諸島沖で発生した中国漁船衝突事件での菅政権の対応に疑問を持ったことだと語った。

 以下、山本氏と西岡議長の番組でのやりとりを全文、書き起こして紹介する。

■「議長というのはお飾りのようにあると皆さんお考えだったようだ」

山本一太参議院議員(以下、山本): こんばんは。「山本一太の直滑降ストリーム」の時間になった。この「直滑降ストリーム」は今回で5回目になる。最初の放送は自民党で唯一「脱原発」を訴えていた河野太郎衆議院議員を招いて原発政策についてかなり過激な発信をしてもらった。第2回目は自由民主党の谷垣禎一総裁に来ていただき、自民党の政策・理念、そして国会戦略について、これも相当に本音の話をしていただいた。第3回目は自民党の大島理森副総裁が登場した。大島副総裁には、仙谷(由人)前官房長官との関係、亀井静香国民新党代表との交渉の内幕について話をしていただき、特に大連立の問題についてはかなり議論をさせていただいた。4回目は公明党の山口那津男代表。山口代表にもわざわざこの議員会館のスタジオまで足を運んでいただいた。1時間に渡って子供時代、学生時代のエピソードから政治理念、公明党の政策、そして自・公を含む野党がなぜ菅内閣に対して不信任決議案を突きつけるのか。そのことについて熱く語っていただいた。

 考えてみれば4回のゲストは相当すごい方々だったが今日5回目も大変な大物ゲストをお迎えした。政界で「参議院議長」という既成概念を打ち破ってさまざまな発信をしておられる西岡武夫参議院議長に足を運んでいただいた。西岡議長、ありがとうございます。

西岡武夫参議院議長(以下、西岡): 西岡です。よろしくお願いします。

山本: 私、先週だったと思うが西岡議長のお部屋、議長室に足を運んで。かなり遠慮がちに・・・西岡議長はやはり「三権の長」の一人でもあるので。「実はこういうネット番組があって、本当にご多忙な議長に対して失礼なんですが、もしどこかでお時間があれば出演していただけないでしょうか」と申し上げたら、2つ返事で「面白いじゃないか。いいですよ」と言っていただき大変感激した。

西岡: とんでもない。

山本: まず最初にお聞きしたい。西岡議長は今までの参議院議長の既成概念というかイメージを打ち破っていろんな発信をされている。それについていろんな批判をする人もいる。私は西岡議長に対する批判を新聞や雑誌をチェックしているが、ちょっとおかしいと思うこともある。すなわち非難のポイントを読んでみると、「参議院議長としての権威を貶めるのではないか」とか、あるいは「議長としての中立性うんぬん」とかすごく情緒的な議論が多い。参議院議長である西岡議長が行政府の長である菅首相を非難することについて、なんか法的な問題があるのか。たとえば憲法の理念に反することがあるのかということについては一切言及がない。

1 2 3 4次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会