ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ブルーレイ&DVD 『Amazonレビュー』で星1つが多発の理由は……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
MadMax

今年6月に公開され、話題となった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。そのぶっ飛んだ世界観にシビれ、リピーターも多数でハマる人が続出。当ガジェット通信編集部でも、観た者のほとんどが絶賛していた作品である。10月21日に、待望のブルーレイ&DVDが発売され、さぞかし高評価……かと思いきや、『Amazon』では最高評価の星5つをつける人も多数ながら、最低評価の星1つをつける人もかなりの数に。

11月4日の時点で『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット』のカスタマーレビューは

星5つ 54
星4つ 10
星3つ 14
星2つ 9
星1つ 34

といった評価となっている。

星1つのレビューを「参考になった順」で見てみると、
「吹き替え」
「怒りの吹替え仕様」
「また吹き替え」プロメテウス、ゴーリキの二の舞、アキラ最悪」
「吹き替えがクソ」
「吹替新録しろや!」
「ビッグタイトル=吹き替え芸能人、になるのだけは絶対に反対です!」
と、トム・ハーディ演じる主人公マックスの吹き替えがEXILEのAKIRAさんだったことに不満を持つ方が多数のようだ。

一方で、星5つの最高評価をつけた方のレビューで「最も参考になった」というものも

タレント吹替を超える「素人吹替」(笑)
字幕版以外に吹替版も見ましたが、やっぱり圧倒的に面白かったので、大した作品です。
おそらく、こんな吹替つけたのが恥ずかしくなると思いますので、後日、改訂版が出るでしょう。それまで辛抱。

という辛辣な意見だったりする。

外国映画の吹替に芸能人を起用することについては、毎回のように議論がなされているわけだが、読者の皆様はどのように考えるだろうか。

※画像は『Amazon』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。