体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異色の“元セットアッパー”がもてなす本格イタリアン!『トラットリア・ジョカトーレ』オーナー 水尾嘉孝さん【男の野球メシ #04】

f:id:Meshi2_Writer:20151012164827j:plain

イタリア語で“選手の料理店”を意味する、本格イタリアンレストラン『トラットリア・ジョカトーレ』。ちょっとハイソな人気エリア・自由が丘で、隠れ家的な名店として人気を博すこの店のオーナーシェフ・水尾嘉孝さんも、かつてオリックスなどで活躍して、晩年にはメジャーにも挑戦した元プロ野球選手のひとりだ。

いまとなっては「オリックスの水尾」と言っても、その雄姿がすぐさま思い浮かぶ人は少ないかもしれない。だが、かのイチローを擁してリーグ連覇を成し遂げ、96年には日本一にも輝いた黄金期のオリックス・ブルーウェーブが誇った、水尾に小林宏、鈴木平に野村貴仁といった、個性豊かで通好みのする中継ぎ陣は、コアな野球ファンのあいだではいまだに語り草。“左殺し”の背番号「12」が繰りだすスライダーには、当時のパ・リーグの強打者たちもそろって、手を焼いたものだった。

今回はそんな水尾さんを、自由が丘のお店で直撃。元プロ野球選手が経営する飲食店=だいたい焼肉屋……的な世間一般のイメージに抗うかのように、あえてハードルの高いイタリアンを選んだ男の、“料理”に賭ける真摯な想いをうかがった──。

f:id:Meshi2_Writer:20151012165457j:plain
▲落ち着いた雰囲気を醸しだすオシャレな外観。オープンテラス席もある

儲かる飲食店の経営ではなく“料理”がしたかった

野球に関しては、満足とまではいかないにしても“やりきった感”はあったんで、「現役を終えたら、球界から離れる」ってことだけは最初から決めていたんです。次の職業として料理人を選んだのは、自分の身体さえ元気であれば、一生向きあえるものだから。個人的には、素材本来の味を活かせる和食がよかったんですけど、流儀やしきたりの多い和食を極めるのはこの年齢からだと難しい。そこで、フレンチのように重たくならずに、やったぶんだけ結果もきちんと出せるイタリアンの世界に進むことにしたんです。

引退後、夜間の料理学校に入学した水尾さんは、多いときで1日1200人もの来客があったという大阪・ミナミの老舗洋食店『明治軒』で皿洗いなどの下働きをこなしながら、若者たちと一緒に料理を基礎から学ぶ日々を送る。当然、一時代を築いたアスリートとは思えないほどストイックなその選択には、周囲からも「焼肉屋にしときなよ。そのほうが絶対に確実だから」といった忠告が寄せられることは多々あった。

f:id:Meshi2_Writer:20151012170142j:plain
▲手際よく料理を盛りつける水尾さん。もはやどこから見ても料理人!!

f:id:Meshi2_Writer:20151012170203j:plain
▲お店のイチ推しは、岩中ポークスペアリブのとろとろ煮込み(2,100円)

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy