体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画あり】博多華丸・大吉「世界最大級って謙虚なところがいいじゃないですか!」ハウステンボス『花と光の王国』点灯式

01IMG_6990_R

東京都内と長崎県のハウステンボスとを中継で結んだ「世界最大級1300万球のイルミネーションが点灯!ハウステンボス『花と光の王国』点灯式」を、東京で取材した。
この点灯式は東京と長崎を二元中継で結び、長崎会場では代表取締役社長の澤田秀雄氏と光の王国新キャラクターが、また東京会場では報道関係者向けにお笑い芸人の博多華丸・大吉さんをゲストに迎えてカウントダウン点灯式を行った。

IMG_6257_R

東京会場ではハウステンボスの高田幸太郎執行役員が、花と光の王国についてのプレゼンテーションを行い、オンリーワンでナンバーワンを目指す、ハウステンボスのイルミネーションをはじめとした様々なコンテンツを紹介した。
詳細は本稿の最後に動画で紹介する。

IMG_6265_R

ゲストに迎えられた博多華丸・大吉さんがどんなトークセッションを繰り広げるのかも注目された。

IMG_6280_R

福岡県出身の二人は、おおむね北部九州を地盤としていたので、長崎も守備範囲だと、いきなり笑いを取りトークセッションがスタートした。

IMG_6314_R

「昔はハウステンボスって子どもを連れて行っても街並みに力を入れ過ぎて飽きちゃって、どちらかというとカップル向けな面があったんですよね。修学旅行生が行ったら、川べりで寝てたみたいな。でも、随分と変わって今ではもう!」と、その変貌ぶりに感心した様子だった。
記者も福岡出身で、若いころにハウステンボスに行ったことがあるので、この指摘は的を射てる。

IMG_6342_R

最初に持ちネタの川平慈英の物まねを披露する華丸さん。

IMG_6352_R

「お約束ですから」と、報道陣に盛り上がりを促す大吉さん。
促されなくても東京会場は大爆笑。

IMG_6461_R

トークセッションで盛り上がるなかで、長崎との中継がつながる時間となる。

IMG_6555_R

長崎会場では、一般の来場客と澤田秀雄社長が光の王国新キャラクターとともに、点灯式イベントを行っている。

IMG_6631_R

そして東京ではMCが、長崎と同じ点灯ボタンを用意しましたので、とボタンが付いた台がステージに設置されると「全然違うじゃないですか!長崎の方が立派で大きいですよ。こっちはボタンにも台にもコードもないし。あ、コードレスか!」と、長崎の映像モニターを見て、すかさず突っ込み。

IMG_6676_R

長崎と東京で同時にカウントダウンを行うのだが、ここで満を持して持ちネタが登場。
アタックチャ~ンスではなく、「ハウステンボス・チャン~ス」でボタンを押すと宣言。左手に力が入る。

IMG_6680_R

そして、カウントダウン開始。予告通り「ハウステンボス・チャ~ンス!」で、ボタンを押した。

IMG_6694_R

その瞬間、中継映像では一斉に点灯した1300万球のイルミネーションが映し出され、その見事な光の街並みに報道関係者も圧倒された。

IMG_6756_R

次々に映し出される光の光景に、ゲストの二人も口を開きっぱなしで、ただただ驚くばかり。

IMG_6793_R

イルミネーションでここまでできるのかと、記者もスクリーンを見つめながらしばらく見入った。

IMG_6829_R

長崎会場の社長に「ぜひ本物を見に来てください!」と言われ、うなづくしかなかったようだった。

IMG_6906_R

そして、中継は終わりを迎え、長崎会場の来場者に手を振る二人。

IMG_6967_R

囲み取材で、ハウステンボスについて聞かれ、「世界最大”級”というのがいいですよね。世界最大って言ってしまえばいいのに、謙虚なところがいいじゃないですか」と、関係者を含めて会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy