体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『キングオブコント』王者のコロチキに直撃! ナダルの“天狗”疑惑はガチなのかを聞いてみた

コロチキ

コント日本一を決める『キングオブコント2015』でみごと優勝に輝いた、結成4年目のお笑いコンビ“コロコロチキチキペッパーズ(愛称:コロチキ)”。ガジェット通信は、キングの座を獲得してから多忙を極めるコロチキのナダルさん、西野創人さんにインタビューすべく、ルミネtheよしもと(東京・新宿)の楽屋裏に潜入。公演の合間の二人に接触し、『キングオブコント』以前・以後のあれこれを聞いてみた。

――『キングオブコント2015』の優勝おめでとうございます。お二人のことは今年4月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日)の「ザキヤマ&フジモンがパクりたい-1GP」を拝見して認識したのですが、やはりそのあたりから全国的な知名度が増したという実感はありましたか?

コロチキ・西野

西野:『アメトーーク!』は特に反響が大きかったですね。ナダルさんの「やっべぇぞ」というフレーズを気に入ってもらって、世間的にも広く知っていただく機会になったと思います。

――「やっべぇぞ」は非常にキャッチーですよね。やはり狙うは流行語大賞ですか?

コロチキ・ナダル

ナダル:もちろん狙ってますよ!

西野:この前、『スッキリ!!』(日本テレビ)のVTR出演で、気付いたら30回くらい「やっべぇぞ」を言ってました。もう力技で押していこうとしてますね。

――『キングオブコント』では、その「やっべぇぞ」を封印しての優勝でした。

西野:「やっべぇぞ」はたまたま引っかかっただけで、僕らはずっとコントを続けてきたコンビなので、「やっべぇぞ」を取り入れることでコントの世界観を崩したくなかったんです。実を言うと、2本目の卓球のネタは周りの人たちから反対されてたんですよ。言うたら、ナダルさんよりも僕の方が目立つようなネタじゃないですか。

ナダル:でもめちゃめちゃ面白いと思ってましたし、自分らがやりたかったんで。優勝できたのはホンマに嬉しかったですけど、1本目の天使のネタを評価してもらって、2本目のお気に入りのネタをテレビで披露できたことが幸せでした。

――ナダルさんは、自分がイイ声だと気付いたのはいつ頃でしょうか?

ナダル:NSC(吉本興業の養成所)の時はそんなに声を張ってなかったですね。それまでは言葉のチョイスやセンスで笑かすタイプだったので。西野と組んでから路線変更しました。

西野:言葉のセンスって、どこがやねんな。でも、声で笑かすコントにはしたくなくて、ナダルさんは“かわいそうな役”が似合うって気付いて、『キングオブコント』の1本目と2本目はどちらも僕がナダルさんを振り回すようなネタになってます。これからも、ナダルさんの人間性の魅力をもっと出せるようなネタを作っていきたいですね。

コロチキ

――お二人は年齢が7歳違うんですよね。出会いはNSCですか?

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会