ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HaKU、衝撃のラストシーンに注目の新MV「衝動」解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HaKUがMBS・TBS深夜ドラマ『監獄学園 -プリズンスクール-』のオープニングテーマとなる、ニューシングル「衝動」のMVを公開した。

このミュージックビデオは、ドラマと同じく鬼才・井口昇が監督を担当。HaKUのメンバーに加えて、ドラマに出演しているキヨシ役・中川大志、千代役・武田玲奈が出演するという贅沢なラインナップとなった。メンバーの辻村が原作を読んで「かけひき、触れたくても触れられない距離感、心の揺れ動く様」を落とし込んだという詞の世界観を、「男の子と女の子の甘酸っぱい脱出劇」として、井口監督が見事に再現している。

セットには、“プリズン-監獄-”をモチーフにしたボックスが2つ用意され、中川、武田が投獄、お互いを求め合う2人のすれ違い、脱出劇が繰り広げられ、HaKUの演奏シーンとカットバックされてゆくという構成。ドラマ『監獄学園』のアナザー・ストーリーともいうべき、本来の“キヨシと千代ちゃん”の関係性とは違うストーリーが楽しめる内容となっている。また、2人の息がぴったり合ったサビのダンスシーンも必見だ。そして、衝撃のラストシーンは是非ともその目で確認してほしい!

MVはGyaO!にてフルバージョンが独占先行解禁となっている。Yahoo!では「HaKU プリズンスクール」と検索するとミュージックビデオが見られるとのこと。ドラマとは少し違うMVの世界観を楽しんでほしい。

なお、「衝動」はシングルリリースに先駆けて、現在好評配信中。HaKUが歌うオープニングテーマがドラマの盛り上がりをさらに加速させる!

■GyaO!独占先行 「衝動」MV
http://po.st/hakushodogyao

【各関係者に寄るMVに関するコメント】
■井口昇監督
撮影はすごく楽しかったです。HaKUさんとてもかっこよくて、演奏シーンを撮らせて頂いてシビれました。曲をイメージして男の子と女の子の甘酸っぱい脱出劇を表現しました。ドラマにも出演している中川さん、武田さんに出ていただいて初々しいフレッシュな現場でした。

■中川大志
ダンスシーンもあって、最初はどうなるんだろうな、という感じでしたが、「プリズンスクール」のキヨシと千代ちゃんの関係性とはまた違った新たな世界で新鮮でしたし、HaKUのメンバーの皆さんとも共演させて頂いて、終わってみて、とにかく楽しかったです。

■武田玲奈
プリズン(監獄)の中、檻の感じとかブラックライトがとても綺麗でした。私はこういう世界観が好きなので、出演できて本当に嬉しいです。HaKUさんは歌っている時は普段と全然違って、かっこよくて“ギャップ萌え”しました。(笑)ドラマの“キヨシくんと千代ちゃん”とは異次元で、“中川さんと私”というか、「プリズンスクール」とはちょっと違う世界観が気に入っています。SFチックで綺麗なミュージックビデオが撮れたので皆さん楽しみにしてください。

■HaKU 辻村有記
かけひき、触れたくても触れられない距離感、心の揺れ動く様「衝動」を描き、男性、女性ボーカルで分けることでも、作品の世界観を表現できたと感じております。「デッド寿司」など何度も見て衝撃を受けた作品を手がけた素晴らしい監督に撮って頂き、大変嬉しく思っております。また、中川さん、武田さんとも共演でき、今までにないミュージックビデオに仕上がりましたので、是非ご覧いただきたいです。

シングル「衝動」
2015年11月18日発売
【初回限定・監獄学園盤】(CD+DVD)
UPCH-7074/¥1,600+税
※「監獄学園」原作者・平本アキラ描き下ろしイラストジャケット仕様
※初回盤DVD:“「衝動」Music Video Making Film”収録
【通常盤】(CD)
UPCH-5860/¥1,000+税

■「衝動」先行配信ページ
・iTunes
http://po.st/hakushoudouitms
・レコチョク
http://po.st/hakushodoreco

『HaKU「衝動」Release Party ワンマンライブ』
11月18日(水) 大阪MUSE
11月24日(火) 代官山LOOP

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP