ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ツリーハウスのある森のカフェがオープン!!「もったいない」を有効利用 米ポートランドがお手本のおしゃれな空間

DATE:
  • ガジェット通信を≫


千葉市に初となるツリーハウス2棟をシンボルとした森のカフェがオープンする。JR千葉駅徒歩9分と中心部で自然を感じられるカフェはいかが?

株式会社拓匠開発がJR千葉駅より徒歩9分の、千葉公園の目の前に残された森に10月31日(土)よりオープンするのは、ツリーハウス2棟、可動式タイニーハウス(小屋)2棟、エアストリーム(キッチンカー)、ハンモックスペースを集めたカフェ&コミュニティスペース「椿森コムナ」。

「椿森コムナ」は、全米で住みたい街No.1都市ポートランド(アメリカオレゴン州)の「人と環境にやさしい街」を参考に企画、設計。地域にある遊休地、建設現場からの廃材、解体現場からの廃材、造成活動のために伐採された樹木などの、身の回りにある“もったいない”を有効利用し製作された。

カフェスペースで提供されるのは、オーガニックコーヒーやアサイーなど美容、健康にいいドリンクやフード。ワークショップでは自家製ソーセージ、燻製、ヨガ、クリスマスリース作りなどを季節ごとに開催、イベントスペースもあることで千葉公園を利用する高齢者の方々からママ友たちまで、子供から大人までが楽しくすごせる空間を提供する。

「椿森コムナ」にて自然を感じられる時間をすごしてみよう。

イベント日の確認などはこちらからご確認を
http://tsubakimorikomuna.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP