ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロジクール、Androidでも使えるBluetoothキーボード「K380」を発売、最大3台を同時に登録可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロジクールが Android でも利用できる新型 Bluetooth キーボード「K380」を国内で発売しました。価格は 4,130 円 + 税です。単四形乾電池x2K380 は、Windows、Mac OS X、Android、iOS、Apple TV、Chrome OS など、様々な OS に対応した Bluetooth キーボード。単 4 電池 2 本で動作し、ロジクールによると、最大 2 年間は持つとのことです。キーボード仕様は 84 日本語配列のパンタグラフキー(キーピッチ 18mm、キーストローク 1.5mm)で、ファンクションキーには Android 操作用のボタンもあります。対応する Bluetooth 規格は v3.0 で、HID プロファイルをサポートした端末で利用できます。また、最大 3 台までも端末とペアリングできるので、いろんな種類の端末を使っている方にとっては一台でカバーできそうです。K380 のカラバリは、ブルー、グレー、レッドの 3 色です。Source : Logicool

■関連記事
DMM mobile、おサイフケータイ対応のSIMロックフリースマートフォン「arrows M02」を発売開始
iFixitでNexus 6Pが分解される、分解は困難で修理しにくいとの評価
BlackBerry、Androidスマートフォン「Priv」の代表的な機能を動画で紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP