ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和のあかり&最新光技術が上野を照らす「創エネ・あかりパーク2015」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月~木)昼の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー
「HILLS AGENCY」(ナビゲーター:サッシャ)。
26日のオンエアでは、「創エネ・あかりパーク2015」を紹介しました。

同イベントは、今週末10月30日(金)から11月3日(火)まで
上野恩賜公演・噴水広場で行われます。最新式のエネルギーを体感できる一方で、
日本各地の伝統的な「あかり」の良さを同時に実感できるのがこのイベントの特徴です。

そんな最新性と伝統の融合の象徴となるのが、国立博物館の正面で
開催される所蔵品のスペシャルプロジェクションや、国立科学博物館で
開催されるフルカラーレーザーのパフォーマンス。今、ここでしか見られない、
伝統と最新光技術の競演は必見です。

同イベントを総合プロデュースするのは、東京タワーやレインボーブリッジ、白川郷合掌集落など、
各地の景観照明や光のイベントを数多く手掛ける照明デザイナーの石井幹子さん。
2011年、東日本大震災後、このイベントを始めるにあたって、石井さんにはある思いがありました。

それは「エネルギーの地産地消」。石井さんは、各地域で使うエネルギーをその地域で作ることができれば、
送電までにロスされる50%の電気を節約できると言います。
そして、一人ひとりが意識をすれば、実現可能だと石井さんは考えています。
そんな、これからのエネルギーのことを考えるきっかけになればと、同イベントはスタートしました。

「美しい光というのは、人の心を明るくするものだと思うんです。
そういうものに直に触れていただきたいと思います。そして日本には素晴らしい和のあかりの
伝統がありますので、もう一回それを復権させたい。素晴らしい和のあかりを最先端の技術を使って
東京を作り変えたいと思っています」(石井さん)

今年は「国際ひかり年」ということもあり、国際テントにはスペインやハンガリーが参加。
スペインで盛んな太陽光発電・風力発電や、ハンガリーの温泉(地熱)を
利用した野菜作りなど、さまざまな試みが紹介されます。ほかにも観客参加型の
新作の光のオブジェや、電気のことが学べる27基の展示ブースなど、
子どもから大人まで楽しめる催しが盛りだくさんなのだそう。

「創エネあかりパーク2015」は、入場無料で、今週末金曜日から
上野公園噴水広場で開催されます。この機会に、美しい「あかり」を
楽しみながら、これからのエネルギーについても考えてみませんか?!

【関連サイト】 「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP