ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰もが絶対に喜ぶ!? 「鉄板」の東京の手土産とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 手土産に、一家の団欒に、あるいは自分へのご褒美に買い求める、お気に入りのお菓子や食べもの。長年に渡って愛し続けているそうした品々には、それぞれ思い出深いエピソードが刻まれているという方も多いかもしれません。

 雑誌『暮しの手帖』元編集長の松浦弥太郎さんによる『くいしんぼう』は、東京の随所にある松浦さん行きつけのお店、その一品が心温まるエピソードと共に紹介されていきます。

 大切な人への手土産には、銀座にある『たちばな』の”さえだかりんとう”。好きな人ができると必ず連れていく店だという神保町『竹むら』の”揚げまんじゅう”。自分へのご褒美として、どれだけ買ったかわからないという尾山台にある『オーボンヴュータン』のウィークエンド。

 本書では51軒に渡る名店の品々が紹介されていきます。

「お礼やお詫び、そういった挨拶時に、お菓子を持参する。挨拶だけでは気持ちが済まなくて、その時々の自分の気持ちをもっと伝えたくてのことだ。そんな時のお菓子は、何がよいかと悩むけれども、高級なものでは仰々しいし、だからといって何でもよいわけではなく、それなりに品があり、とびきりおいしくて、もらった人の負担がないようなお菓子を選びたい」(本書より)

 そうした時、松浦さんが選ぶ一品は、『黒松本舗 草月』の”黒松”という名のどら焼き。東十条駅近くにあるお店は、朝早くから行列ができるほど、お遣い物として人びとから愛されているのだといいます。

 あるいは、法事や催しなど人が集まる際に用意されることが多かったため、子どもの頃から馴染みの味だというのは『日本橋弁松総本店』の折り詰め弁当”本七丸”。あまからい濃いめの味つけは、江戸時代から魚河岸で働く軽子(荷物運び人)たちに喜ばれてきたのだといいます。

「折り詰めにはいくつもの種類がある。中でも『本七丸』は贅沢な弁当だ。人への差し入れや、頑張った自分へのご褒美に食べる。卵焼き、かまぼこ、野菜の甘煮、魚の照り焼き、タコの桜煮といったおかずは昔から定番だ。
 遊び心を忘れずに、食べておいしく、見た目も聞こえもよく。人を喜ばせるのが大好きな江戸っ子が生んだ『日本橋弁松総本店』の折り詰め弁当。ふたを開けたときに「わあ」と声が出る。これが江戸っ子の仕業である」(本書より)

 本書で紹介される松浦さんお気に入りの食べものは、その美味しさに思わず頬が緩むような、何度でも買い求めに行きたくなる品々ばかり。家族や友人はもちろん、折々の手土産にも喜ばれること請け合いです。

■関連記事

バーでの"最初の1杯"、何を頼むのが良い?
おいしいコーヒーを淹れるためのコツとは?
意外と簡単!! 自宅で手軽にグラノーラを作る方法とは

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP