ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まさにハロウィンカボチャ!岐阜の特産品の「柿」で作ったジャック・オー・ランタンが完璧

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハロウィンの「ジャック・オー・ランタン」といえば、現代ではすっかりカボチャのお化けとして定着していますが、このほど日本の名産品による「あえてカボチャではない」ジャック・オー・ランタンが発表されました。それが岐阜の特産品「富有柿(ふゆうがき)」を使った「ハロウィン柿」。サイズ的にも可愛らしく、後から手軽に食べられることもあって人気となりそうです。この「ハロウィン柿」を発売したのは、岐阜県瑞穂市にある柿農園の「せっきーファーム」。ちょうど昨年のハロウィンの時期、代表の関屋英樹さんが街で様々なジャック・オー・ランタンを見た際ふと「そういえば柿も同じ色だ」と思い立ち、さっそく柿の表面にマジックで顔を描いたところ近所の保育園児らに大好評となり、そこから勢いで一気に商品化となったわけです。本家のカボチャで作るジャック・オー・ランタンはなにしろ硬いので、目や口の部分を作るためにくり抜く作業などがとにかく大変。その点「ハロウィン柿」ではそんな手間は一切掛かりません。セットにはちゃんとジャック・オー・ランタンの顔をかたどったシールが付属しているから、それを貼るだけで完成。子供でも気軽に楽しめます。「ハロウィン柿」は早生富有柿3玉入りで税抜き価格980円。2000箱の限定品です。購入は「せっきーファーム」のホームページか、イオン各務ヶ原店でも販売中。

この早生富有柿とは甘柿の中でも特に糖度が高く、甘さがしっかりしている最上種だそうです。確かに色といい形といい、カボチャの親戚のよう。遊んだ後に美味しい柿の味が待ってるとあれば、ハロウィンの楽しみもまた増えますね。

せっきーファームホームページ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

黒豚・地酒・はちみつ・ゆず… お中元に「ご当地石けん」はいかが?
夏の強力な1本!和歌山「紀州南高梅」とタバスコのピリ辛調味料「スコウメ」
戦国武将好き必食!真田幸村にまつわるエピソードを商品化した「白石温麺」は味にも深みあり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP