ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツ政府が封印し続けた、ヒトラー暗殺未遂の真実を映画化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツ政府が長年にわたり隠し続けたヒトラー暗殺未遂事件を描いた、映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』が公開中。

1939年11月8日、ドイツ・ミュンヘンのビアホールで演説を行っていたアドルフ・ヒトラーは、悪天候のためにいつもより早く演説を切り上げた。その後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発。ヒトラーが退席してから、わずか13分後の出来事だった。大胆な犯行、爆破装置の精密さなどから、ドイツ秘密警察はイギリス諜報部の関与を疑ったものの、やがて逮捕されたのは、田舎に暮らす平凡な家具職人・ゲオルク・エルザーと名乗る36歳の男だった――。

メガホンをとったのは、映画『ヒトラー ~最期の12日間~』で“人間、ヒトラー”を描き、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされたオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督。戦後70年を経て今明かされる、衝撃的な事件の真相とは?

ヒトラー暗殺、13分の誤算
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:クリスティアン・フリーデル、カタリーナ・シュットラー、ブルクハルト・クラウスナー、ヨハン・フォン・ビュロー
(2015年/ドイツ)
公開中
(c)2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH,DELPHIMEDIEN GMBH,
PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG
http://13minutes.gaga.ne.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP