ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleの新デバイス「Chromecast Audio」のレビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内ではまだ発表すらされていない「Chromecast Audio」を米国から調達できたので、その使用レポートを紹介します。Google の新デバイスとなる「Chromecast Audio」は、メンコのような薄い円盤の形をした約 30g の小型デバイスです。Chromecast の名前が示す通り、Google Cast レシーバーなのですが、オーディオに特化した製品で、主にワイヤレス非対応のスピーカーをワイヤレス化することに使用されます。Chromecast Audio はスピーカーなどのオーディオ機器とケーブルで接続します。すると、音楽アプリの Cast ボタンを押すだけで、スピーカーから音が出力されます。価格は Chromecast と同じ $35。Bluetooth は不要なので、スマートフォンの楽曲を外部スピーカーで楽しんでいる方におすすめです。同梱品は Chrmecast Audio 本体、黄色いオーディオケーブル(アナログ)、USB 電源アダプタ・ケーブル、取説です。本体はプラスチック素材でできており、側面に 3.5mm ジャック、電源用の Micro USB 端子、リセット用のボタンがあります。付属の黄色いオーディオケーブルをスピーカーに接続し、Chromecast Audio 本体に電源を繋げばセットアップ完了です。今回は Sony SRS-X3 に接続してみました。動作や音質は全く問題ありません。Chromecast Audio の設定は Chromecast アプリで行います。普通の Chromecast と同じ操作方法で名前や Wi-Fi への接続などを設定していきます。後はアプリから Cast します。注意としては、Chromecast Audio はオーディオ専用の Google Cast for Audio に対応したアプリに対応している点です。Google Play ミュージックや Sound Cloud のような音楽アプリは利用できますが、例えば、YouTube では利用できないなど、動画を取り扱うアプリの多くは対応していません。アプリからボリューム調節も可能です。Chromecast Audio では切り替え時に確認音が鳴るので、ボリュームレベルの変更を音で確認できます。また、Chromecast Audio ならではの機能としては、ハイエンドスピーカー向けの「ハイダイナミックレンジ」オプションです。これを SRS-X3 で有効にしたところ、ClearAudio+ のように音質が向上しました。なので、さらに上位のスピーカーだとより良い音が出ると思います。Chromecast Audio は小型のデバイスなのですが、外部電源が必要になるので、屋外利用には適していません。屋内のスピーカーの側に置いておくことが一般的な使い方になります。Source : Chromecast Audio

■関連記事
2015年度上半期のAndroidスマートフォン購入者は全体の53.1%(MMD研究所)
電波の杜、鉄道ファン向けのSNSアプリ「駅コレ」をリリース
1ShopMobileが廉価版Axonを販売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP